カリフラワー 家庭菜園の質問ですがブロッコリーカリフラワ

カリフラワー 家庭菜園の質問ですがブロッコリーカリフラワ。耐性などで効果がない場合もありますが、マラソン乳剤は残効が短く殺卵効果もないので1、2週間もすると再度アオムシが発生していてもおかしくないです。家庭菜園の質問ですが、ブロッコリー、カリフラワーにアオムシがついて困ってます マラソン乳剤を2回ほどやったのですが効果ありません アオムシはそれなりに大きくなってます 手元にある農薬は昨年買ったプレオフロアブル のみです とりあえずこちらをやってみようと思いますが、こちらは効き目はあるのでしょうか これでも効果がなければ何かいい農薬はありますか 教えてください カリフラワー。カリフラワーアブラナ科は連作障害の出やすい作物です。 悪影響を避ける
ため。以前カリフラワーやブロッコリー。キャベツ。芽キャベツ等をつくった土
を使う場合。~年あける必要が家庭菜園の質問ですがブロッコリーカリフラワーにアオムの画像。

はじめてのブロッコリー?カリフラワー特集。ブロッコリー。カリフラワーの栽培で重要なのが。種まき時期。その後。本葉
枚約週間後になり。根がポット全体にしっかりと張ったころが定植適期
です。家庭菜園には長期間収穫ができる頂花蕾側枝兼用品種がおすすめです。ブロッコリー?カリフラワーを育ててみよう。そんなブロッコリー?カリフラワー。家庭での栽培はキャベツの仲間ということ
もあり。キャベツほどではないにしろ植える株数が少ない場合や家庭菜園
初心者の場合は失敗しにくい苗からのスタートや収穫が早い早生種がおすすめ
です。ブロッコリーやカリフラワーが大好きで。園芸相談 新着質問 回答募集中 回答件 ツヅシです家庭菜園。1.栽培のキモとコツ ブロッコリーとは。カリフラワーとは ブロッコリーも
カリフラワーも。同じアブラナ科アブラナ属の野菜で。いずれも同属のキャベツ
の変種です。主に花蕾からいに当たる部分と。その茎を食用

カリフラワーの育て方?栽培方法。家庭菜園では早生種。中生種が栽培しやすいでしょう。 なお。カリフラワーは
現在のところ。ブロッコリーのようにわき芽が育って再度収穫という楽しみの
ある品種はキャベツ。ブロッコリーの仲間で。地中海東部沿岸が原産です。

耐性などで効果がない場合もありますが、マラソン乳剤は残効が短く殺卵効果もないので1、2週間もすると再度アオムシが発生していてもおかしくないです。プレオをお持ちでしたら、片方ばかりを使うのではなく、ローテーションした方が効果的ですよ。可能ならは、もう1種類くらいを加えた3種類以上のローテーションがおすすめです。私は、????の他、???????、??????、??????、?????などを???????で使用してますよ。今からでは遅いのですが、プリロッソ粒剤ジアミド系殺虫剤を定植時に土壌散布しておけば長期間効果があります。中盤からは、ゼンターリ顆粒水和剤BT剤で防除していますが、青虫系の虫はこれで大丈夫です。プレオフロアブルで問題ありません。というか、アオムシ防除にはマラソンよりプレオフロアブルの方がより効果が高いと思われます。理由はクラシックな成分であるマラソンは、現在では抵抗性を持つ害虫個体群も多い剤ですが、プレオフロアブルはマラソンより新しい成分で抵抗性を持つ個体群も少なく、アオムシの様なチョウやガの幼虫防除に特化している専門系の剤であるからです。※プレオフロアブルをブロッコリーのアオムシ防除に用いる事に対して、効果を疑問視する回答が見受けられます。しかしH25年に鳥取県で行われたブロッコリーのコナガ?アオムシに対する薬剤防除効果試験において、プレオフロアブルはコナガ?アオムシ何れにも効果が高かった事がこちらで確認できます。よって問題はありません。無農薬栽培をしています。小屋には農薬類は何もありません。青虫程度でしたら捕殺で十分です。捕って捕って捕りまくります。最初は200匹ほどでしたが、次は100匹、30匹と少なくなって、最後は探すのに往生します。次は卵です。葉の裏をすべて点検して手ですりつぶしていきます。キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーは家庭菜園規模でしたら、十分無農薬で栽培できます。小さい時は防虫ネットで蝶々の侵入を防いでいます。ただ隙間があると蝶々が必ず入ります。そうなったら籠で虫を飼っているようなものです。特に下部は気をつけています。農薬は規定以内でしたら、大人は大丈夫でしょうが、妊婦や幼児には安心して食べてもらいたいですね。手間ばっかりかかって趣味だから出来るものだと思っています。皆さんが手持ちの農薬を何度も掛けるので殆どの虫が薬剤耐性を持ってしまいます。ローテーション防除を行わなければ殆ど効果が無くなっている状態です。なのでプレオフロアブルを散布後1週間したらプレバソンフロアブル又はフローバックDFを散布して下さい。miy********さんと同じ考えです。ブロッコリー、カリフラワーには、適用病害虫名にアオムシはありませんが薬剤メーカーが登録していないだけだと思います。全ての害虫を登録作物に登録することはない。ハクサイやキャベツにアオムシが登録されているので効かないはずがない。プレオフロアブルはコナガに登録は有りますが、アオムシは登録が有りません。そのため登録の有る薬剤の方が良いと思います。いろいろ有りますが、家庭菜園ですので劇物農薬を除き他の作物にも使える物としてアファーム乳剤やトレボン乳剤辺りでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です