タッチパネル技術記事 投影型静電容量方式の相互容量方式で

タッチパネル技術記事 投影型静電容量方式の相互容量方式で。指人体は導体とみなせます。投影型静電容量方式の相互容量方式で、指がタッチパネルに触れることで、電極間の電界が変化(減少)し、静電容量も変化(減少)するのはなぜでしょうか その過程がわかりません よろしくお願いいたします 静電容量方式タッチパネルに対する敵対的な干渉の脅威。本章では投影型静電容量方式の検出方式のうち,マルチ タッチを正確に検出
できる相互容量方式について説明する. 相互容量方式は,現在ほとんどの
スマートフォンのタッチ パネルに採用されている方式である [].図 に静電容量方式のタッチ?スクリーン。マルチタッチが必要であれば。相互キャパシタンス方式の採用をお勧めする。
投影型静電容量方式を採るタッチスクリーンで指の位置を判定するには。自己
キャパシタンスを測定する方式とに触れた場合。電圧を加えられた線から
コントローラーに対し。線。線。線。線にタッチされた

静電容量方式タッチパネルとは。静電容量方式タッチパネルは年ころからスマートフォンなどに採用される
ようになり。急速に広まりました。ディスプレイの画面に直接触れてデバイス
を操作するタッチパネルは。マウスやキーボードのような入力装置を使わないで
直感的な操作ができる人の指先がタッチパネルの表面に近づくと。指先と
センサー電極の間がコンデンサのように働き。静電容量が発生します。静電
容量方式のタッチパネルには。投影型と表面型のつのタイプが有ります。タッチパネルの基礎投影型静電容量方式。前述のとおり。投影型静電容量方式タッチパネルは。パネルをタッチした時の
パネル上の容量変化を検知しますが。実際には指以外の様々な環境要因によって
も。容量値変化は発生します。 例えばタッチパルの電極が。周辺の

静電容量方式タッチパネルの仕組み。静電容量とはコンデンサなどの導電体で「どれくらいの電荷を蓄えているかを
表す量」の事で。接触時にプラスとマイナスの正電荷。負電荷が引投影型静電
容量方式は。同時に二点以上の入力検知を可能にし。高い耐久性や堅牢性
といった特長を持つ方式です。相互容量方式 電極と電極のつの電極間
における電磁界の状態変化を検出します。 一方の電極を駆動させ。他方との電極
との間に形成される電界にこの静電容量の減少を捉え。指先やペン先の接近を
検出します。静電容量タッチインタフェース。投影型静電容量タッチパネルには検出方法に二つの方式 がある.表 に示した
ように指と電極間の静電容量の 変化を検出するのが自己容量型であり

第8回。ガラス基板の隅にある電極に電圧をかけてパネル全体に均一な低圧の電界を発生
させ。指が表面に触れた際の静電容量の変化をパネル隅で測定し。指の座標を
特定する。 表面型静電容量方式 投影型に比べて構造がシンプルで低コストだが
。タッチパネル技術記事。表面型は四隅の電極に電圧が印加されてパネル面に均等な電界が形成されている
状態で。指が触れた際の電界投影型静電容量方式タッチパネルの検出方式には
。自己容量 と相互容量 の種類が
ある。相互容量方式と呼ばれる検出方法は-のセンサー間交差部の容量
変動を順次読むことで指がタッチされた位置座標を検知する。

指人体は導体とみなせます。電極間に人体がくることで、電極間に発生していた電界の一部が人体側にもっていかれるのです。相互容量方式では、ドライブ側の電極に短時間電界を発生させ、ドライブ側の電界によりレシーブ側の電極で発生した電荷を測定することで、間接的に静電容量を測定しています。電極間に人体が来ることで、ドライブ側で発生させた電界の一部が人体に持っていかれます。その結果、レシーブ側電極で発生する電荷が減少します。レシーブ側電極での電荷が減少するので、見た目上、静電容量が減少したように見えているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です