ドキュメントを デスクトップをCドライブからDドライブ直

ドキュメントを デスクトップをCドライブからDドライブ直。トラブった時に自分の仕事が増えるんじゃ無いかと心配なのでは無いですか。デスクトップをCドライブから、Dドライブ直下に移動してしまうのは何故ダメなのでしょうか Dドライブにユーザーなどのフォルダーを作成してから、デスクトップをDドライブ>ユーザーに移動した方が良いのは分かるのですが、何故ダメなのかが分かりません
直下にすることで、ファイルの整理などが面倒になる、
Dドライブ直下に移動したデスクトップを、Cドライブに戻す場合、管理者権限の関係でスムーズにできないなどは分かりましたが、
何故ダメなのか、明確に教えていただけませんでした (社内システム担当に聞きました)ドキュメントフォルダを誤って移動したら戻せない。ドキュメント フォルダーを ドライブ直下に移動してから元に戻せなくなった
のですね。 調べてみると。 のスレッドですが似た質問が寄せられ
ていました。 さんがアドバイスされている

ハードディスクの容量不足を解消。ドキュメント]や[ピクチャ]フォルダーから不要なフォルダーやファイルを
移動するなどして。削除します。ファイルを削除してから。ごみ箱を空にする
ことでようやくドライブの空き容量が増えるのです。マイ ドキュメント」を
ドライブに移動してみます。デスクトップパソコン価格一覧ノート
パソコン価格一覧 タブレット価格一覧おすすめ目玉品パソコンWindowsのユーザーデータフォルダの保存場所をDドライブなどに。今回は。ドライブ直下にユーザーデータというフォルダを作成しています。
この作成したユーザーデータフォルダ内に移動させたいフォルダ名と同じ名前の
フォルダを作っておくと。アイコンもフォルダアイコンから該当

ドキュメントを。デスクトップの移動についてデスクトップも移動することは可能ですが。容量的
に移動しても大きくないことや移動によるトラブルが考えられますので。避けた
ほうが良いと思います。 ドキュメントをドライブに移動する 操作手順マイドキュメントなどの個人用フォルダを別ドライブに移動する。デスクトップはとても便利ですから。ずぼらな人は。ここにファイルを置き
まくると思います。とにかくこの個人用フォルダの設定を別ドライブに移動し
て。ドライブをすっきり&動作安定させると同時にバックアップも兼ねてしま
おう!という凄ワザなん管理人はドライブの直下に「」という
分かりやすい名前で作成しました。 次に個人用フォルダからマイドキュメント
見つけ。右クリックをしてメニューを表示させ。「プロパティ」をクリックし
ます。個人用

「Cドライブ」から「Dドライブ」へのデータ移動。「ドライブ」を削除して「ドライブ」の領域を増やすというのは。おすすめ
できません。ターゲットフォルダの場所を確認して「適用」; 確認画面が出て
くるので。データを移動してよければ「はい」具体的には。「デスクトップ」
とか。「お気に入り」とか。アプリケーションの設定ファイル等についてです。ゼロからはじめましょう。しかし。管理の面などからして「マイ ドキュメント」に作るのは。後々面倒な
ことになります。結論からいうと。ドライブの直下にホームページを
入れるフォルダを作成します。 ドライブがドライブしかないのであれば。
ドライブ直下にフォルダを作成します。を閉じて。フォルダを
デスクトップアイコンなどが表示されている最初の画面から。ドライブ
に移動させま

CドライブからDドライブへの移動の失敗。CドライブからDドライブへの移動を失敗してしましました。元に戻す方法が
気づいた時にはすでに。「マイピクチャ」「お気に入り」「デスクトップ」等
ほとんどのデータを直接移動させた後で。 Dドライブ内に ドライブの「
」というのはDドライブに移動して とかマイ
ドキュメントとか」そこに直下に移ってしまったファイルをコピーします。マイドキュメントなどのフォルダをDドライブに移して。ドライブ直下に。移動先の親フォルダをつくる例 「」フォルダ配下
に。移動先の各フォルダを移動するフォルダここでは「デスクトップ」を
右クリックする; 「プロパティ」をクリックする 移動ただし。移動先に「
ドライブ」そのものを指定しないこととても悲惨なことになるから。移動先
は。必ず「フォルダ」とすること。 ↑目次へ まとめ ドライブにデータを
移動して。 ドライブを軽くすることには。いくつかメリットがある。

トラブった時に自分の仕事が増えるんじゃ無いかと心配なのでは無いですか。「わざわざターゲットを変更せずともデスクトップにDドライブのショートカットを置いておいてそこに保存すれば良いじゃ無いか。」って思ってるでしょう。想像ですが。>デスクトップをCドライブから、Dドライブ直下に移動してしまうのは何故ダメなのでしょうか? どうしてダメだと言うのですか? ダメではありませんよ。同じ性格のフォルダは纏めて置く方が管理がしやすいだけです。デスクトップ、ドキュメント、ピクチャー、ミュージックなど、ユーザフォルダー内の特殊フォルダはC:/Users¥ユーザフォルダーから移動するべきではありません。その理由ですが、一番の理由はソフトによってユーザフォルダの参照方法が上記の位置に固定した参照をしていることがあり、その場合別の場所に移動してしまって発生するトラブルが深刻になるかもしれないからです。例を出すと、ドキュメントを移動してしまうと、あるソフトの関連ファイルがドキュメント内のフォルダに入っていた場合、起動時エラーになるなどのトラブルになる可能性があります。こうなるとどこに移動したのか探したりしないといけなくなります。Windows側で移動できる仕様にしてくれたので、本来はそっちの方法の参照を使えばそうならない問題ではあるのですが、実際そういうソフトは結構存在し、ユーザーフォルダが日本語なだけで正常起動しない海外ソフトもあったりするので、ユーザフォルダは半角英数字、その中のフォルダは基本移動しないで使うのがトラブルを減らすコツだったりします。たぶん、近くにいる詳しい人はこのルールを身をもって体感してるのでそう設定して使っている可能性が高いですじゃあ容量が大きいときはどうすればいいの?と思うかもしれませんが、簡単に解決できます。Dドライブがあるなら、Dドライブにフォルダを作って、その中にデータを入れればいいです。デスクトップにないじゃないかと思うかもしれませんが、デスクトップからアクセスしたかったらデスクトップにそのフォルダのショートカットを作ってください。これでデスクトップからそこまで、フォルダがあるのとまったく同じようにアクセスでき、容量はDドライブを使うようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です