"バイク バイクの整備性の高さメンテナンスの容

"バイク バイクの整備性の高さメンテナンスの容。整備性の高さは簡単に言えば分解?組み立てのしやすさ。バイクの整備性の高さ(メンテナンスの容易さ)とは
どういう点で決まるのでしょうか

?スクーター、フルカウルでは整備の前にカウルを外す手間 車体を軽く倒してしまったときにカウルが割れて高くつく
(中程度の事故時、カウルがあることで重要部品を守ってくれるメリットも)
これらからスクーター、フルカウルは整備性があまり良くない
?パーツの入手のし易さ、価格の安さ
カブ、CBR、ニンジャ等の販売台数が多いバイクのパーツは入手しやすく価格も抑えられる
これは維持、カスタム費にも結び付きます

カブ乗りとしてはこの程度しか思いつきません
これから中型バイクを購入しようと考えています
見た目や足つきも重要ですが、整備性の高さも選択肢に入れようかなと

今の知識では、タマ数が多いネイキッドのCBRかVTRかニンジャにしようかなーと考えています
タマ数が多い分、無個性でつまらないとの意見はありそうですがその点はスルーで
(セロー等オフ車は整備性が高いでしょう 車重が軽く倒す前提のバイクで頑丈そうです いかんせん見た目が好みじゃないので除外しています )

他にはどのような点から整備性が高いバイク、と判断するのでしょうか 実は初心者がやりがち。アクセサリーをしたまま整備する危険度% 愛車に触れるときは裸の
付き合いを やってしまいがちなミスだが。普段から

バイク。バイク メンテナンス スタンドなどがお買得価格で購入できるモノタロウは取扱
商品万点。円以上のご注文で送料無料整備工具?ウェア?
ツーリング用品 件 バイク部品 バイク部品 件 自転車整備工具?
アクセサリー 自転車整備有効高さ適合幅~
質量寸法長さ×幅×高さ××耐特長片
持ちスイングアームでも安心 「片持ちスタンド」支持シャフトの角度を吟味し
リフトの軽さと安定性を実現。洗車?整備に欠かせないJトリップのメンテナンス。同社はトリップブランドでリア及びフロントのメンテナンススタンドを製造?
販売しているメーカーである。 「元々は私の親族が汎用性の高さにも繋がって
いるのが。製品改良のレスポンスが早いことです。自社による国内カラー単体
で穴に挿入して。最もガタつきの無い太さとする。 スペシャル

失敗しないバイク選び。モータージャーナリスト柏秀樹さんに。バイクタイプ別の詳細解説をはじめ。
適切な選び方を指南いただきました。車体の重量やハンドルの高さと幅も関係
しますから。実際に実車に触れてまたがってみること。多くのライダーはその
重さや馬力やシートの高さを持て余して。怖いとか痛い思い。高い出費を背負っ
てしまうことがあります。そのためには。運転技術アップ?安全装備と整備を
いつも心がけ。上手くなっても過信せず。そして上手くなるほど速度を控えめに
するメンテの楽なバイクはどれ。メンテが楽なバイクとは? 「メンテナンスが楽なバイク」というのは。つまり
部品点数が少なくシンプルな構造をしているバイクであると言えるでしょう。
整備性を左右する主な条件は以下の通りです。 単気筒>気筒>4

デイトナ。整備をする際のひざや腰への負担を減らします。広げればひざ立ち。折りたため
ば着座と。作業にあわせて高さと広さを調整できます。「カブって消耗品もこんなに安いの。ところで消耗品?メンテナンス費用って何? 消耗品 オイル交換は回実施で
万円! 消耗品 タイヤは前回後回の交換で万円!! 消耗品 その他
まとめて 万円! まとめ。消耗品の安さと整備性の高さがカブのバイクの基本メンテナンス方法。夏場渋滞の中でも耐えますし。サーキットでも伸びやかなので。マルチに使える
オイルなのである意味コスパの高いオイルだと思います。 そして右の-
は%化学合成の中でも経済性を最も考えられたオイルです。バイクいじりの楽しさとメンテの重要性「ホンダ4ミニ」縦横どっち。チューンドモンキーとならび高い人気を誇ったのが時代のダックス。走り屋の
多くは。テレスコピック型フロントフォークを採用したスポーツ仕様の走りを
楽しんだ。モンキーシリーズと同様。時代のダックス

整備性の高さは簡単に言えば分解?組み立てのしやすさ。そして定期的に交換する部分、消耗品へのアクセスのしやすさ。例えばプラグ交換。空冷で隙間の多い単気筒なら、プラグキャップ引抜いてプラグレンチ突っ込んで回して外すだけ。ところがコンパクトなSSやV型スポーツ車、しかもウォータージャケットのある水冷だとそのままだとプラグレンチが入らない。それどころかプラグキャップが抜けない。まずタンクを外さなきゃいけない、でもそのためにはシート取らなきゃはずせない。シート外してタンクのボルト外して上げたら、なにかに引っかかる。ホース抜かなきゃこれ以上上がらない。ホース抜くため手を入れるのにエアクリもずらさなきゃいけない…それが整備性。カブに乗っているのなら燃料タンク外すのや燃料ホースの交換が大変だとおわかりでしょう。同じエンジンでもモンキーだととちょいちょいでタンクもホースも外せるけども、カブだとタンクのネジ外してあげてもフレームの中を通っているホースまで手が届かない。まずキャブの方から外してから引っこ抜く。そういう差が整備性の違い。カウルが有ろうがなかろうが、エンジンオイルやオイルフィルターの交換、プラグの交換、バッテリーの交換などわりとよくやる整備が簡単に出来ることが整備性の有無の条件じゃないでしょうか。何をするにもカウルを外したり、タンクを外したりみたいなバイクは整備性が悪いと言われるでしょう。パーツの入手とか価格というのは整備性の有無とは関係ないと思います。それは単純に部品の多さとかそういう事であり整備性の良さとは違う話でしょう。部品に心配がなかったり、価格が安かろうが、交換するのに手間がかかればそれは整備性の悪いバイクと言われるということです。スクーターなんかはカウル外すのに時間がかかるってことで工賃が余計にかかったりしますからね。こういうのは整備性の悪いバイクということです。まあ、私が今乗ってるバイクはプラグ交換は4万キロとかいってるし、実際にどういう整備が必要かってことも考える必要は有ると思います。プラグ交換が1万と4万のバイクでは交換の手間がかからなかろうが、結局4万の方が楽だし、部品代もかからんでしょう。玉数が多い車種とカウルがないことに絞られるだろうねb^-^要するに、補修部品がない古いものだとしても玉数の暴力で2個一、3個一といった生きた部分を臓器移植して復活させることができる。また、玉数が多い車種は基本的にサードパーティーのボアアップキットなどでシリンダーとピストンが手に入りますから、排気量を上げた改造申請によってフレームナンバーさえちゃんと書類が残っていれば再生は可能です。カブはその代表格なんじゃないですかね。面白みがないんじゃなくてその面白みのなさが面白みでもあるんですよ。カスタムしやすいから他人と被らないカスタムを自分でデザインして組み上げれば、それは世界にただ一台のあなただけのバイクにすることもできます。中古故に、誰も使わない色や模様の塗装を施せばエンジンや電装系がノーマルでも、他にはないバイクを組み上げることもできます。思い切りのよい塗装を施して多少失敗してもある程度許容できるならそれもオリジナルとしてのバイクにすることができるからですけどね。考え方を変えてみれば、玉数が多いことが決して面白みがないってことにはつながらないと思いますよ。例えば空冷単気筒エンジンのSR400。ラジエーターもなく、プラグ交換もすぐにできます。これがSSの4気筒だと、プラグ交換するのにカウル外してラジエーター外して…しかも4本。って具合に、同じプラグ交換するにしても手間と時間がまるで違います。同じ作業をするのに、A車はエンジン下ろさずに出来るがB車はエンジン下ろさないと駄目だとか、目的のパーツにアクセスするのに外す部品が多いとか、アクセスしても狭くてやりにくいとかそう言う所ですかね。空冷式のネイキッドは非常に整備性が良い。ウォータージャケットがないのでやり直しも躊躇なくできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です