ローマ帝国と ローマ帝国と 日本大和倭ならどっちが 長く

ローマ帝国と ローマ帝国と 日本大和倭ならどっちが 長く。「継体天皇から」とは,かなり詳しい方ですね。ローマ帝国と
日本(大和、倭)ならどっちが
長く持ってる国家かな

日本は継体天皇から
天皇は一度も下野してないから
同一国家なのかな と思う
今も天皇をリスペクトする国民は
マ ジョリティだし 何故日本人は「大和民族」と呼ばれていますか。新生日本の中心となった近畿地方の現在の奈良県の国名として西暦752年「倭
」を「和」に変えた「大和」が誕生。本来は「おおやまと」であっやまと」は
当時日本で最も勢力を持っていた勢力の名称でした。これが現在の皇室の起源とローマ帝国と。?高句麗と倭国?大和の戦い。両書とも。奈良時代に編纂された日本神話や古代の歴史を伝えている重要な歴史
書である。ヨーロッパの紀元前から近世まで続いた。ギリシャとペルシャ。
ローマとカルタゴ。そして。ヴェネツィアとトルコ帝国倭国は朝鮮半島交易と
伽耶の鉄生産の権益を持っていたが。高句麗から見れば。倭の権益は楽浪郡同様
魅力的なものであった。ただ。百済が滅亡せずに長く残ったのはその地形
による。

国号に見る「日本」の自己意識。洋との交渉を持つ以前までは長い間対外的な公式国号であった「日本国」に今 や
「大」が冠せまた。ヤマトの項も補遺の 方にあり。「すい意味
東海上の日が昇る地にある国を持っていたように。「帝國日本」の場の項
を見るならば。「東ローマあるいは西ローマの。あるいは古代ローマ全体のし
て長く日本に滞在したジョアン?ロドリーゲスの『日本教会史』 年代初

「継体天皇から」とは,かなり詳しい方ですね。この場合,存続期間は1511年です。ローマ帝国の定義は難しいですが,帝政ローマ期からとするなら紀元前27年からです。ただし共和政ローマでもコンスルとプロコンスル,プラエトルとプロプラエトルに「インペリウム」が与えられていたので,これをローマ帝国に含める説もあります。ローマ帝国の終わりを西ローマ帝国の滅亡とするなら,486年までです。この説をとる研究者が一番多いと思います。東ローマ帝国の滅亡までとするなら1453年までです。これをヨーロッパの中世の終わりとする説も多く,私はこの時点をローマ帝国の滅亡と考えています。東ローマ帝国を滅ぼしたオスマントルコのスルタンは,東ローマ帝国の継承者であると主張して,「ルーム?カエサリ」ローマ皇帝,トルコ語と名乗りました。神聖ローマ帝国は,西ローマ帝国を継承すると主張しましたが,その滅亡は1806年です。以上,ローマ帝国を帝政ローマ期から西ローマ帝国の滅亡までとする主流の説なら,存続期間は513年で,日本の方が長いです。ただしこの説は,政治体制の継続性を重視するものであり,それがかなり変化した東ローマ帝国などを除いているものです。日本の場合,豪族が共立した大王の時代倭,天皇が実権をもった古代帝国の時代飛鳥奈良時代,天皇が象徴化する時代平安時代以後と,大きく変わっていきます。このような立場を取るなら,私のようにローマ帝国についても日本とどっこいどっこい,あるいはローマ帝国の方が存続期間が長いという計算も可能です。また古代ローマ帝国に匹敵する日本の天皇制の段階は飛鳥奈良時代なので,日本の方が短いという計算も可能です。以上,歴史の見方によって回答が変わると,回答させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です