参加しました 参加しました 中学二年生《男子》です 身長

参加しました 参加しました 中学二年生《男子》です 身長。この後、中2終→162~163cm中3終→169~171cm高1終→173~177cm高2終→177~180cm高3終→178~181cmと順調に行くと良いですね。参加しました 中学二年生《男子》です 身長を伸ばそうと努力しています 6年 (終)【144 6】→ 中1年(始)【148 8】→ 中1年(終)【154】 → 中2年(始)【156】→ 中2の前期→後期にかけて4センチup 【現在】身長160cm この後のどうなると思いますか 「参加しました。

この後、中2終→162~163cm中3終→169~171cm高1終→173~177cm高2終→177~180cm高3終→178~181cmと順調に行くと良いですね。実際、身長に関しては、現実的な観点から申し上げますと、ご両親からの遺伝的な要素、日頃の生活環境、「骨端線」の幅等によって、大きく変わって来ます。つまり、「骨端線」さえ、充分に開いていれば、これからも、大きく成長する可能性があると言えるでしょう。また、身長に関しては、ご両親からの遺伝的な要素、日頃の生活環境等によって決定づけられるとも言われております。そして、海外の研究を見ると、カナダの『オタワ大学』の『人口衛生研究所』が4ヵ国12,000以上の一卵性双生児を対象とした調査では、「身長が決まるのは、遺伝が70%、環境因子が30%」との報告がなされております。国内の見解では、整形外科医の『飛田健治』医師は、著書の中で、「身長が決まるのは、遺伝が80%、環境因子が20%」と述べられております。また、『慶應義塾大学』の『安藤寿康』教授は、「身長の遺伝率が90%くらい」と述べられております。ご覧のように、学術者の見解では、いずれに致しましても、「身長は遺伝的な要因が非常に大きい」事を示唆しております。ここで、参考に、統計から導き出された、ご両親の身長から将来の身長を予測する公式がありますので、ご紹介いたします。男子の身長=父親の身長+母親の身長+13÷2+2そして、これに、遺伝以外の「環境因子」が加味されて来ますので、ここに、質問者さんの「日頃の心掛け」や努力がモノをいう事になるわけです。例えば、『フジテレビ』の『ホンマでっかTV』で「印象評論家」として活躍されている『重太みゆき』先生は、キャビンアテンダントになるたに様々な努力をされ、大学生成人になってから5㎝近く身長を伸ばす事に成功されたそうです。私の母も成人後に、5㎝ほど伸びたそうです。ちなみに、私の弟は、高校に入ってから3年間で10㎝ほど伸びました。さらには、30歳頃まで身長が伸び続け、185㎝に到達しました。元テニス選手の『松岡修造』さんは、165㎝高1から、188㎝まで伸びたそうです。俳優の『小栗旬』さんは、160㎝高1だったのが、184㎝にまで伸びています。質問者さんの身長を最大限に伸ばす上で、大切な事は、遺伝以外のの要素である「環境因子」における質問者さんの今日からの心掛けや努力が最も重要であるという事です。つまり、「遺伝的」な要素は、自分の努力では、今さら、どうしようもない事なのですから、考えるべきは、これから自分の出来る事をいかに、どのように実践して行くのかという事です。その上でまず、身長を伸ばす上で、大切な事、重要な基本事項は、質問者さんも、おそらく、ご存知の通り、適度な運動とバランスの良い食事、そして、たっぷりと睡眠をとる事です。適度な運動は、「身長の伸び」にとって、とても重要な要因です。運動をする事で、「骨端線」に刺激が加わり、成長が促されると考えられています。さらに、運動中と運動後に、「成長ホルモン」が分泌され、骨組織や筋繊維などの成長につながります。具体的には以下の運動が効果的であるとされています。軽めのジョギング、なわとび、ジャンプ運動など。なお、屋外で運動する際は、アスファルトやコンクリート等の硬い地面ですと、関節を怪我するリスクもありますので、グランドや公園、砂浜など、関節への衝撃が少ない場所を選択された方が良いと思います。もし、お近くに、アスファルトやコンクリート等の硬い地面等しかない場合は、靴底が、「衝撃吸収性能」に優れたタイプのランニングシューズを使用される事をお勧め致します。また、空き時間でも、手軽にできる身長に効果的なヨガのポーズストレッチがあります。「三角のポーズ」と言います。このポーズは、30年以上前から、多くの青少年の身長を伸ばして来た実績のある『上嶋式身長法』の中でも、脚が長く伸びると定評のあるポーズなのです。「三角のポーズ」のやり方については、下記の動画をご覧ください。また、以前、「股関節回し体操」で脚が伸びたという特集が、健康雑誌で紹介されていましたよ。あと、他には、今年、20歳を迎えた演歌歌手の『さくらまや』さんが、『TBS』の『金スマ』の企画で、ある裏技ストレッチを体験したところ、彼女の身長が、なんと、「2センチ」も伸びたのです。usernameなお、「身長を伸ばす栄養摂取」と言えば、多くの方々が、真っ先に思い浮かべるのが、「牛乳」ですね。確かに、牛乳を たくさん飲んで身長が伸びたという話は、今でも、昔もよく耳にする事です。事実、牛乳を たくさん飲んで身長が伸びたという方が、長身アスリートをはじめ、多くの長身芸能人の皆さんからも、度々、登場するエピソードの代表例と言えるでしょう。しかし、それは、たまたま、その人の体質に合っていただけの可能性が高いと思われます。なぜかと言いますと、牛乳の消化吸収がスムーズに出来ない『乳糖不耐症』の方々が多いからです。実は、日本人における、『乳糖不耐症』の割合は、「80%超」もいるのです。つまり、日本人のほとんどが、『乳糖不耐症』という事になるのです。しかも、その上、近年の研究で、「牛乳」は、他の食品と比較すると、著しく「カルシウムの吸収率」が、「低い」事も判明して来たようです。この問題が、近年、テレビの健康番組等でも取り上げられるようになって来ましたが、CMスポンサーである「乳製品の企業」や、『全国牛乳商業組合連合会全乳連』等の利害関係者や団体にとっては、こうした問題を公表する事は、そのまま、自身の存在における死活問題に直結する真実となりますので、なかなか、私達、一般人の耳には、こうした情報は、入って来ずらい背景があるわけです。そして、「牛乳」と言えば、真っ先に思い浮かぶのが、「カルシウム」ですが、「身長を伸ばす為に必要な栄養素」に関しては、昔から言われて来た「カルシウム」の摂取量よりも、重要なのが、実は、「タンパク質」なのです。戦後、急速に日本人の平均身長が伸びたのは、特に、「タンパク質」の摂取量が、急増した事が大きな要因であると、近年の研究では言われております。つまり、私達、日本人の戦後における著しい身長の伸びは、「遺伝」的な側面で説明するのには、無理があるとの結論に至ったとの事です。骨事自体の「原材料」は、ご存知のように、「カルシウム」ですが、実際に、骨を成長させていくのに一番重要な働きをしているのは、実は、「タンパク質」だったのです。つまり、骨の土台は、「タンパク質」から出来ているのです。他に、重要な栄養素としては、「カルシウム」、マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンK、葉酸、鉄分、銅、マンガン、アルギニン、そして、亜鉛などが挙げられます。なお、これらの栄養素は、骨の成長には、不可欠なモノですので、日頃の食生活だけでは、不足してしまう方は、「サプリメント」で補うのも「アリ」だと私は考えております。しかし、サプリメント市場におきましては、現在、かなり、粗悪品が出回っており、まさに、玉石混交状態である事も、また、非常に残念な実情ではありますので、例えば、『アサヒ』の『ディアナチュラ』シリーズであれば、『アサヒ』のサプリメントを長年に渡り愛用して来た私としても、推奨出来ますよ′?`V他にも、『大塚製薬 』の『ネイチャーメイド』シリーズもお勧めです。そして、やはり、睡眠は、出来る限り、たっぷりとるのが良いようです。昔から、「寝る子は育つ」と言いますし、メジャーリーガーの『大谷翔平』選手も、「プロ入り前まで、10時間寝ていた。」とインタビューで語っています。それと、歌舞伎役者の『市川海老蔵 11代目』氏が、かつて、『ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ』で綴っておられましたが、32~33歳の頃、ある事件に巻き込まれ、無期限謹慎の身となり、その間、半年程、現実逃避の為、毎日、大量の睡眠をとっていたところ、とうに、30歳を過ぎており、成長期など、既に終わったはずにも関わらず、再び身長が伸び出してしまったというエピソードを後日談として、一般読者さんが閲覧出来る形で掲載されておりました。なお、これまで長きにわたり、「夜10時~深夜2時は、「成長ホルモン」が、多く分泌される睡眠の「ゴールデンタイム」という話が、まことしやかに信じられて来ましたが、どうやら、この情報は正しくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です