外国人労働者を受けた入れ場合 外国人労働者を受けた入れ場

外国人労働者を受けた入れ場合 外国人労働者を受けた入れ場。可能性は低いと思います。外国人労働者を受けた入れ場合、日本の労働者の職が奪われたり、賃金が下がって労働環境が今より悪化する可能性は高いですか 「外国人に仕事を奪われる」は本当か:日経ビジネス電子版。深刻な人手不足で。多くの業界から外国人労働者の受け入れ解禁を求める声が
上がっており。政府は今の臨時国会で選択の自由がないため。「失踪」する
技能実習生が相次いでいるほか。最低賃金以下の報酬しか実際には支払われない
今回の法改正では技能実習を修了するか。技能と日本語能力の試験に合格した
場合に。「特定技能号」という資格を与える。違う。年度末の在留外国
人は万人で。厚生労働省に事業所が届け出た外国人労働者だけでも万人に
及ぶ。

日本で働く外国人のための労働基準法入門。日本には。就労する労働者を守るために必要最低限のことを定めた労働基準法が
あります。日本の労働基準法は。もしある企業が。基準に達しないような労働
条件を定めていた場合。その労働契約のうち基準に達していない日本で働く
外国人の方が。暴行。脅迫,監禁など精神的あるいは身体の自由を奪われて労働
を強要されるようなことは禁止されています。労働基準法の労働者とは。職業
の種類を問わず。事業又は事務所に使用される者で。賃金を支払われる者をいい
ます。外国人労働者を受けた入れ場合。外国人労働者を受けた入れ場合。日本の労働者の職が奪われたり。賃金が下がっ
て労働環境が今より悪化する可能性は高いですか?

可能性は低いと思います。日本人がやりたがらない、条件の悪い仕事を外国人にやってもらうことになります。「日本人の成り手が少なすぎて人数が足りない職種」という趣旨なので、足りないという事なら日本人の職を奪う事にはなりませんね。検討されているのは、試験→特定技能1号最長滞在期間5年→試験→特定技能2号/熟練技能者家族帯同可、滞在期限更新可、永住権取得申請可特定技能1号 対象職種介護、農業、漁業、ビルクリーニング、飲食料品製造業、外食業、素形材産業、産業機械製造業、電気?電子情報関連産業、建設業、造船?舶用工業、自動車整備業、航空業、宿泊業特定技能2号 対象職種建設業、造船?舶用工業、自動車整備業、航空業、宿泊業介護は既に高度人材在留資格に既に含まれているので除外人手不足で倒産する企業は全てブラック企業です。だから倒産した方が良いのです。倒産して困るのはブラック企業の経営者と、ブラック企業から政治献金を貰っている自民党だけです。日本は現在の1憶3千万人の労働力で生産し、輸出し稼いだ金で、外国から食料を買い生活していますが、それで十分ではないでしょうか?それで何が不足なのですか?他のアジアの国に比べても十分豊かな生活をしていますよね?それ以上に望む必要が有るのでしょうか?確かに資本家たちは、もっと多くの労働力が有れば、もっと多く生産出来て、もっと輸出できて、もっと多くの金を稼げると思っているでしょう。だからと言って外国から労働者を入れるのはどうなんでしょう?欲望には際限が有りません。外国人労働者を入れたら際限なく入れる事に成らないでしょうか?日本の人口密度は高いです。外の先進国より人口が密集しています。人口が密集すれば生活環境が悪化します。例えお金を稼いでも生活環境が悪化すれば意味ないです。他の先進国と比べたら現在の人口でも多すぎるくらいです。現在の人口で生産し、それでも足りなければ、あきらめた方が良いではないですか?無理して生産する必要が有りますか?生産できるのは日本だけではありません。外の国に生産させてあげたらどうですか?生産を日本が独り占めする必要が有りますか?外国人労働者は日本に税金は払うでしょうが、稼いだ金のほとんどを自分の国に仕送りして日本では使いません。そして、やがて歳を取り、日本で生活保護で暮らすように成るでしょう。そうなったら、その外国人労働者が払った税金以上の金を、あっと言う間に、その外国人労働者の為に使わなければならなく成ります。日本にとっては完全な赤字です。___________移民受け入れは断固拒否すべきだ百田 イギリスに限らず、ドイツもスウェーデンも移民で大変なことになっていますよね。そのへんがたしかにわかっていない人が自民党にも多い。メルケル首相は、難民の受け入れに対してきわめて寛容で、そのことである種の人たちから賞賛を浴びました。しかし、ベルリン市議会選挙の敗北後に、自らの準備不足を認めて「時計の針を戻したい」とまで発言しています。青山 「外国人労働者」といっても、単に言葉を換えているにすぎないケースもあることに注意しなければなりません。ぼくが移民政策に反対していることを知って、官僚がレクに来ます。彼らには「言葉を換えても同じことであって、志を持って官僚になったんだろうから、国益のために考えてほしい」と言って、ヨーロッパで見た現状を話して、なるべく洗脳するようにしているんです。二、三十人に1人はわかってくれるでしょう。百田 これは難しい問題で、たしかにこのあと当分は、労働力が足りなくなるんです。介護などの現場でも必要とされるでしょう。そのために移民を受け入れよう、という理屈は一応わかるんです。しかし、彼らが一定期間経って、仕事がなくなってから、祖国に帰ってくれるのか、それを考えた方がいい。たとえば30歳の労働者を受け入れて、20年~30年働いてもらったとしましょう。その人が、年をとって働かなくなり、なおかつ日本に住み続けた時に、何らかの形で最低限の生活をさせることになります。そのためにかかる金額を考えた場合に、彼がもたらした以上の出費を国がしなくてはいけなくなるはずです。だから、移民の受け入れというのは、国家においては一時的にシャキッとする覚醒剤を打っているようなものになりかねない、とわたしは思います。あとから見たら大きなダメージを受けることを多くの議員が考えていない。青山 労働力の不足を解消したいのであれば、外国人に頼る前に女性や高齢者が働けるようにしたほうがいいですよ。安倍さんも「働き方改革」を進めていくとおっしゃっていますが、残業の話だけではなく、こちらをしっかり考えるべきです。外国人――それも多くは中国人でしょう――が大量に入ってきたらどうなるか。彼らが働き盛りの年齢でやって来て、日本で子供を作ったとしましょう。その時に、彼らはどう考えるでしょうね。ぼくならば、こんなに安全で清潔な国から、不潔な場所も少なくない、賄賂まみれで危険の多い国に子供を帰したいとは思わない。そういう子供が成長してきた頃には、AI人口知能の進歩によって、人間の仕事は減っているはずです。今ぼくは近畿大学の経済学部で教えているんですが、彼らには「この先、君たちの仕事がなくなるかもしれないことは考えたほうがいい」と言っています。というのも、文系の仕事はAIによってどんどん無くなると見られているからです。少し前まで、AIが肩代わりする仕事は、工場など生産に関わるものが中心でしたが、今は企業の経理や総務といった仕事もビッグデータを活用してAIに任せる企業がアメリカで出てきている。いずれは日本にもその波が来る。しかもこの流れは止まらない。限られた仕事を日本人と、在日中国人らで奪い合うようになる。その時に何が生まれるか。憎悪ですよ。リベラルな方たちは、「多様性」を尊重して、移民を受け入れようと言います。しかし、受け入れた結果はもう目に見えているじゃないですか。ヨーロッパで起きていることが日本で起きないと考える根拠が無いでしょう。それなのに、リベラルではない安倍政権周辺の人ですら、移民もしくは外国人労働者を受け入れようと言っている。一体、何を考えているのか。***移民に対して厳しい言動を繰り返すトランプ大統領を「野蛮だ」「無知だ」と非難し、嗤うのは簡単だ。しかし、先を見すえているのはトランプ、反トランプどちらなのだろうか。そもそもブラック企業が日本人を低賃金で雇えず、その代替とてして外国人労働者に期待する傾向もあるようです。従って労働環境悪化の要因はブラック企業側にある可能性も考慮するのが妥当です。本来はインフレ→賃金引上げで労働者を豊かにする…という経済原理を働かせるはずが、低賃金の労働者を海外から集めて対処しようとしているのですから。当然です日本人よりも素直で嫌な仕事も率先してやると評判が良いようです問題は時間にルーズとありますが改善されるようですまた日本に来る人はそれなりに向上心がある人が多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です