幼児の造形活動と小学校図画工作科の内容分析 小学生のとき

幼児の造形活動と小学校図画工作科の内容分析 小学生のとき。小学生に枯れた花から盛花を想像して描けなんて普通は言いませんよ単に先生の花の管理が悪かっただけでしょうあなたはおかしく無いです忘れましょうあなたは何もいけなくないです。小学生のとき、図工かなんかでひまわりを描くという授業があったのですが、そのときに見本にした、畑かなんかに咲いているひまわりがクラス全員分、枯れていたんです なので僕は素直にそのまま枯れたひまわりを描いたのですが(自分のものを描き終えたあとに知ったのですが、みんなは想像できれいに咲いたひまわりを描いていました)、そうしたら先生に問い詰められました そのときは「はえ~、枯れたひまわりはよくなかったんだなぁ」くらいの気持ちでいたのですが、いま思うとおかしくないですか 枯れたもん枯れたまんま描いただけなんですが、なにがいけなかったのでしょうか いまになってもわかりません 小学生のとき図工かなんかでひまわりを描くという授業があの画像。

1年図工。子どもたちは上手下手を意識しますが。図工は想像を楽しむ教科なので「
こうしてみたい」という思いを表現できれば。どの作品も素晴らしいのです。
今回は初めて絵の具を使って。総合で育てた「ひまわり」を描いてみまし幼児の造形活動と小学校図画工作科の内容分析。図画工作科の 実技内容から分析し。教育内容について検証する ことを本稿の
目的とする。保育者?教育者の行う 保育?教育いているのだろうか。そして
幼児が卒園して小学 校入学後に育者はテーマを設定して何かを描くという
活動を『つくりだす喜び』を味わわせる図画工作科の指導の在り方。本研究は。図画工作科の授業を通して。子どもたちに「つくりだす喜び」を
味わわせる ための指導の作科が果たす役割とは何か。 図画工作科これらの
ことから。図画工作科という教科は。よりよく生きようとする児童の情意の調 和
的な必然性を感じたとき。子どもたちは。「描いてみたい。」「つくっ提示
したことと。限られた時間の中で描くことを 図3 イメージスケッチの自己評価
はね。目が見えないレナでも。この『ひまわり』の絵を見ればひまわりの黄色
がすご

小学生に枯れた花から盛花を想像して描けなんて普通は言いませんよ単に先生の花の管理が悪かっただけでしょうあなたはおかしく無いです忘れましょうあなたは何もいけなくないです。もし「咲いているひまわりを想像して描いてごらん」と変な指導をしたとしても枯れた花を描いたあなたは正しいです。未熟な教師というのはたまに型にはめ込む指導をします。例えば 台形の面積の計算式上底+下底部分を下底+上底の数字で正解を出しても×になった子が居ます。私は父兄の立場だったので抗議出来ませんでした。私自身 小学校ではないけど若い頃数年、学校に在籍していた頃同僚のしている事は見えにくく、わかっても 注意し辛い面が有ったので、学年で相談し共同認識する組織が必要です。主任の重要な仕事ですが主任も過重な仕事量ですから観察出来ない事が有るのです。今 そんな事が有ったら、父兄の方から意見してもらったら良いです。それをクレームと思う教師は論外です。中学の時「学校周辺の風景画を描け」という課題で、梅雨時だったので、素直にモヤに包まれた風景を描いたら、教室に来た別の教科の先生に「若者らしくない、夢がない、こういう絵はダメだ」とクラス全員の前で注意されました。クラスのみんなには「見たまま上手く描けてる」と言ってもらって喜んでたので、恥ずかしかった記憶があります。「若者らしい絵を描け」という課題だったら、思いっきりハジけた絵を描いたのにね?。暗い絵も、ある意味 若者らしいと思うのですが子どもの絵のコンクールでは、子どもらしさも評価のポイントになりますので、先生はそれを求めていたのかもしれませんね。想像して描け、という指示が事前にあって、聞き逃したとか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です