看護学生です 看護学生です 現在臨地実習を行なっており経

看護学生です 看護学生です 現在臨地実習を行なっており経。自己抜去が栄養投与中だったらどうでしょう。看護学生です 現在臨地実習を行なっており経鼻栄養の自己抜去を繰り返す患者がいます 経口摂取は難しい方です 自己抜去するたびに再挿入するのですが自己抜去する事で考えられるリスクは何がありますか 過去ログ。以前の過去ログで自己抜去防止には。つなぎの介護服なら自己抜去は起こらない
。とのご意見がありましたがもう少し簡便な道具注入中に既に漏れるんです
こういった場合は胃瘻を一旦抜去してその瘻孔からジェジュナルチューブ腸
瘻用現在。私が勤めているステーションは総合病院と併設しておりPEGの造
設はその病院で行い。退院後訪問看護が看護学生が実習で経管栄養について
学習してきた際。胃管を留置する時のように。栄養を注入する前に胃のからの
内容物を

はじめての方へ経鼻経管栄養の特徴と自宅介護の注意点。現在は産婦人科クリニックで看護師として勤務をするかたわら。一般生活者の
ヘルスリテラシー向上のための情報発信を行っている。 佐野 けさ美 監修者。
佐野 けさ美日本在宅看護学会理事 慈恵会看護専門学校看護学生です。いずれかを含む。看護学生です 現在臨地実習を行なっており経鼻栄養の自己抜臨地実習において看護学生に許容される基本的な看護技術案。患者?家族の承諾を得て教員や看護師の指導?監視のもとで学生が実施できる
もの。臨地実習において看護学生に許容される基本的な看護技術案食
生活支援, 経管栄養法流動食の注入 経管栄養法経鼻胃チユーブの挿入
排泄援助技術, 自然排尿?排便援助。便器?尿器の安全管理の技術, 療養生活の
安全確保。転倒?転落?外傷予防。医療事故予防。リスクマネジメント 安楽確保
の技術

看護学生です。

自己抜去が栄養投与中だったらどうでしょう?栄養剤が気管に入り、誤嚥を起こすリスクに繋がります。また、再挿入するにしても、毎回嫌な事を患者さんに強いるわけですので、患者さんの精神的苦痛にも繋がりますよね。あるいは、再挿入時に鼻腔や咽頭などに傷が付く可能性も。または、再挿入をすぐに行えない時、その期間は栄養が止まってしまいます。緊急でVラインとって補液しなければ脱水などのリスクにも繋がりませんか?実際に病院で働くとわかるのですが、栄養投与が予定通りに行えないと、時間が押せ押せになってしまい、その後のスケジュールが崩れてしまったりします。または、予定通り投与できない分がスキップになることもあります。栄養不足に繋がる可能性が出てきます。あるいは、コスト面はどうでしょう?病院の管理下での自己抜去=インシデントで病院の責任扱いとなり、コストで落とせるのか、それともやはり患者さん負担になるのか。考えられるリスクはたくさんありますよ^^一から丸投げせず、自分で勉強しましょう。自己研鑽できない人と一緒に働きたくないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です