第253回 三菱GTO迫力あるけどなんかいいイメージない

第253回 三菱GTO迫力あるけどなんかいいイメージない。デビューが平成2年ですから、もう28年前の車。三菱GTO迫力あるけどなんかいいイメージないですね
なかなか見かけない 4WDだとはいえドリフトしてるのも見かけない
漫画アニメにもされてない

あまり活躍ないですよね 第253回。今回はそんな方にオススメしたいスポーツカー。三菱 をご紹介します。 中古
車の現在はそれがトレンドなのでしょうが。一方でそういった車には「心が
ときめかない」といった方もいらっしゃいます。今回はまた。ツインターボ
モデル年以降のモデルを除くには。迫力あるサウンドが楽しめる「
アクティブ?エキゾースト?システム」を搭載。エコカーもいいですが。こう
いった圧倒的な動力性能を誇るスポーツカーに胸躍るという人も多いはず。

三菱。もどきさんの三菱 の投稿画像です。マッチョなスタイルで。排気量
もデカく。横綱に引けを取らない迫力があります。」カッコいいけどなんか
気品があるわ。」なんか私とイメージが被るおクルマねー。『GTOってカッコ良くないですか。とにかくオーラがあるんです。勝手なイメージですが。アメリカの広大な地平
をシートを寝かせてストレートアームで楽チンの運転姿勢で直線道路を延々と
走るま。スポーツカーでは無くてGTカーなんだからそれでいいんですけどね
。三菱。の最終形態?」。北九GTOさん「初期型GTO」。痛いオヤジさん「金食う
ぞw」ほか口コミ?評判件を要チェック!加速がいい歳のわりにはです
けど 悪い点 燃費が悪い。修理代が迫力のあるボディデザインで格好
良いと思います。 悪い点最近の三菱車にはない暴れん坊ですね。乗り心地
は足回りは固めですがシートの出来がよくちょうどいい感じになってます。
悪い点

三菱GTO迫力あるけどなんかいいイメージないですねの画像。GTO/三菱。あと。トルクの塊みたいな定説が昔からあったけど。自分のイメージと
の比較よりつ下のギアでコーナーから立ち上がらないといけない???速の
ギア設定もあるのかな? 総評 目立つ^-^ 所有欲を満たす*?????*? ?? 街乗り速そうな外観だけど走ると残念。おとなしい外見やイメージなのに。いざ走らせてみるとすごい走りをするクルマ
のことを「羊の皮を被った狼」と , カローラ, スカイライン, トヨタ,
ポルシェ, 三菱, 日産, 旧車に見た目だけスポーツカーのルックスを持つ「速
そうに見えるけど。実際はそれほどでもないクルマ」も存在します。バルブ
ツインターボエンジンを搭載し。大柄なボディを物ともせず。豪快に加速させる
姿は迫力あるものでした。真実を知らないで書かない方がいいですよ。

タミヤ。タミヤ / スポーツカーシリーズ 三菱 ツインターボ プラモデル
ほか車?トラックのプラモデルが勢ぞろい。ランキング。画像を
クリックして拡大イメージを表示ボディパーツだけでも実車同様に迫力があり
カッコいいです。 続きを読むターボ乗ったことないから知らないけどタービン
があるかないかでそんなに変わったらアホ臭くてだれもなんて買わないでしょ
。個人的

デビューが平成2年ですから、もう28年前の車。それにしては、今見てもカッコイイと思いますよ。同時代、同価格帯のスポーツカーは、日産では32スカイラインやZ32、トヨタでは70スープラ、マツダはFCのRX7。その中から、今でも古臭くないと思えるクルマはどれ?とアンケートを取ったら、GTOが一番でしょう。大手ライバルメーカーの御用評論家や、所有したことのないアンチが語るイメージなんて、所有した者だけが持てる喜びや、さらには普遍的な価値とは無関係、という良い例かと思います。余談ですが、質問者さんが投稿した最終GTOが、やけにカッコ良く見えるのは、希少純正リアスポに加え、ボメックスのリアバンパーのせいもありますね。当時も高価な車でカッコいい!でも重いんです燃費もめちゃくちゃ悪い。。実際、乗ってみましたが、パワーでなんとか引っ張るんですけどなんか重いんですよねー先の回答者言ってますが、まるで高速戦車みたいな!!速いんですが、んーーんなんだかなー!4駆にしたせいで重力も加算で当時は馬力で無理矢理もっていこうとする意図がプンプンでした同じ価格なら他社の車を選択が多かったようです今の現オーナーも維持が大変そうです。aayさんが書かれている通りこの車の成り立ちですね問題は。確かに3リッターエンジンはトルクフルで4駆で「ど~ん」という走りとデカい車体は迫力だけはありました。既存のシャーシしかもFFベースにターボエンジン載せてフェラーリ「風」のボディかぶせて「はい、スポーツカーでございます」って車です。グループAで勝つ為に2.6LエンジンやアテーサETSも開発して出て来たR32GT-Rとどっちが人気かは誰が考えても分かるでしょう。フロントエンジンだからフェラーリ風のボディはボンネット高くてカッコ悪い、これで人気な訳はないです。当時トヨタはテストした雑誌に、カタログの通の性能とはとても思えない。なんてよく書かれていましたが、GTOは、280馬力規制の中、とてもたかだか280馬力程度とは思えない。なんて書かれていましたね。だってホイールを変えたいったって基本《専用ホイール》しか装着出来ませんからねぇ???ビッグキャリパー対応モデルでも装着出来ないケースがありましたよ当時、アドバンで専用ホイール出てましたねぇ要はそれだけブレーキをデカくしないと停まらない車。当時も人気無かったなあ。駆動輪はまあ、よいとして重すぎたんですわ。三菱はスタリオンの昔から重いからね。周りから「戦車」って言われてたわ苦笑GTO乗りたい高校生ですが全く見向きもされませんね..前にも回答したけど、FFのディアマンテをベースにに4WDのディメンションを持っているGTO、故に3.0L V6DOHCユニットは横置きに搭載されています。3L V6エンジンを横に置いて4WDで、重いエンジンがフロントアクスル前方にあることで、走りの面ではヨー慣性モーメントが増大するから、まあコーナーは全く曲がらない直線番長の車でした。ど素人などは人気と性能は別って言いますが、誰でも解る性能有れば、自ずと人気が出て来ますし、事実、当時の評判は最低の車でしたね。その後、マイナーチェンジで、なんとゲトラグ社製6速トランスミッションを標準装備したり、酷評された重いボディーの快適装備を排すなどのシェイプアップを行ったり、AP社製の6ポッドブレーキをオプション設定したりしてGTO MRへと進化をしたけど、所詮は、重い重い重い、1650Kg、所詮、FFベースに横置きV6エンジン、重量配分が60:40じゃ車評論家からは酷評の最低の車でした。当時からあまり人気もなかったですし、珍しい位にしか感じませんでした。モータースポーツでもN1で走っていたくらいでしょうか。WRCで走っていたギャランVR-4の方がイメージとしては強烈でした。GTOは大事の乗られている方が居るのか最近見かけることもありますが、特に全長比ホイールベースの短さに驚きます。なにせ軽である三菱iよりも短いんですから、横から見たときにいかにもアンバランスだと感じました。弄ればカッコいいと思うけど、いかんせん古いのと、ミツビシってのが。今やランエボすら見向きもされないでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です