韓国大統領 大韓民国の政治司法に詳しい方教えてください

韓国大統領 大韓民国の政治司法に詳しい方教えてください 。↓その通り、。大韓民国の政治、司法に詳しい方、教えてください 徴用工判決は、日韓協定自体を違憲または無効と判断しているように見えません 韓国政府の主張通り、三権分立のもとでは、行政府が司法判断を取り消したりすること はできませんが、請求権が解決された前提で韓国に投資をしてきた日本企業が、今回判決のために想定外の支出をすることに対し、韓国側の協定違約状態の判断のもと、韓国政府ないしは韓国政府のイニシアチブによる基金がその日本企業に対して、損失相当額を補償することは、不可能なのでしょうか 判決当初の日本政府の要請にこの案の含みもあったように思います これは現在韓国が提示する基金案とは、韓国政府が基金拠出をしないという点で異なり、また一度日本企業が原告に支払いをする事になる点で、日本政府の立場とも異なるかもしれませんが、行政府間の違約状態の解消策としては、日韓両政府とも受け入れの余地がありそうなものだと素人目には見えるのですが、なぜこの案は話題にも出ないのでしょうか 教えて下さい 「変革」を企てる韓国側の論理:「徴用工」から1965年体制。そもそもの契機は。「旧朝鮮半島出身労働者いわゆる徴用工」問題に関する
大法院韓国最高裁判決年月である。や在韓米軍基地の移転
年月に関して。「高度の政治的決断を要する問題であるため司法審査を
自制し韓国憲法前文には。「大韓国民は?運動年によって建立
された大韓民国臨時政府の法統」括弧内はが不法化されると。現状
をいかに平和的に変革するのか。その方法が問われることになった。

韓国政府「司法判断を尊重」と発表。ナギョン首相は日。元徴用工を巡る訴訟で新日鉄住金の上告を退けた韓国
大法院最高裁の判決を踏まえ「司法の判断を尊重し。関係省庁や民間の専門
家などと諸般の要素を総合的に考慮して対応策を講じていく」日韓関係における政治と司法の葛藤。系「加害企業」に対する韓国と中国の徴用工本人またはその遺族の訴訟で ある。
この論説では。人道主義論を批評してから。政治と司法の葛藤論を詳論し て
いき力に関する日本国と大韓民国との間の協定」略。「請求権協定」 の解釈韓国大統領。その上で。韓国との歴史問題を日本側は政治問題化すべきでないなどとけん制
した。ジェイン大統領は。日本企業の資産差し押さえが裁判所に認められる
などした元徴用工訴訟について。司法判決を尊重する考えを表明。第2次世界
大戦中の元徴用工を巡っては。韓国最高裁が日本企業の賠償を認めた判決を受け
。原告側が新日鉄住金の資産カテゴリーの見出しをクリックして詳細を確認し
。あなたの好みに応じて当社のデフォルト設定を変更してください。

↓その通り、————————————-日韓協定自体を違憲または無効と判断しているように見えません。————————————-しかし、↓以下を読んで、実質的に日本側に損害が発生しないとしても、日本側が、はたしてそのような案を受け入れるでしょうか?韓国大法院最高裁の判決文の論理構成基本として、「日韓請求権協定」は、どのような内容が書いてあっても「外交的保護権の放棄」にしかならない。それは国際法の主体は「国家」のみであるという原則があるからである。条約日韓請求権協定も、国際法も、主体は「国家」のみである。—————————————–外交的保護権は、国際慣習法によって認められている国際法上の国家の権限である。A国とB国とがあって、A国の国民が、B国によって「違法」な損害を受けた場合には、A国自身が損害を被ったということになる。A国は自らの受けた損害を回復するため、B国に外交的保護権の行使という形で国家責任を追及することができるのである。注意すべきは、この権限は国民の受けた損害を国家が代わって追及するのではなく、国家自身が受けた損害を自ら追及する権限ということである。このような扱いとなっているのは、国際法の主体は従来からの考えでは国家のみであるという原則がある反面、国民の損害は回復される必要があるため、両要求を調和する形で認められたということによる。 —————————————–条約日韓請求権協定は、上記のとおり、韓国行政府の外交的保護権を放棄させただけにすぎない、つまり条約で「個人請求権」を拘束することはできないのである。↓ここにも書いてある。↓個人請求権の解釈原則:日韓請求権協定=国家行政府のみ対象—————————————-日本国内=個人の請求権は消滅した。韓国民の財産請求権はあらたに制定された「日韓請求権協定協定第二条の実施に伴う大韓民国等の財産権に対する措置に関する法律」財産措置法により消滅した。—————————————-韓国国内=個人の請求権は存在している。関係する国内法が存在しないため、日韓請求権協定は韓国行政府の「外交的保護権の放棄」しか存在しない。—————————————-ここでは、韓国国内=個人の請求権は存在している。と理解してください。じゃあ、韓国大法院最高裁は、何でもできるのか?、そうではありません。「大韓民国憲法の第6条1項」において、次のように定めている。「憲法に基づいて締結し、公布された条約および一般的に承認された国際法規は、国内法と同等の効力を有する」つまり、韓国大法院最高裁、つまり司法といえども、日韓請求権協定条約は無視できないのである。そこで、「個人の請求権は存在している」+「日韓請求権協定条約は無視しない」=判決文の論理構成—————————————————-元徴用工らが求めているのは、未支給賃金や補償金ではなく、日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料だ。請求権協定の過程で日本政府は植民地支配の不法性を認めず、強制動員の法的賠償も否認している。そして、日韓請求権協定は、植民地支配の不法性にまったく言及していない。したがって不法な強制動員に対する慰謝料請求権は、「完全かつ最終的に解決」したとされる請求権協定には含まれていない。だから、日本企業は元徴用工に慰謝料を支払うべきである。—————————————————-↑元徴用工の慰謝料請求権というのは、すでに決着している日韓請求権協定の枠外の話であるから、認められるべきものであるという理屈となったのです。極めて巧妙なやりかたです。ただし、人権問題とするには、具体的な証拠がなく、立証できなかったため、—————————————–日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料—————————————–となった。これは、大韓民国憲法に由来する内容です。つまり、↓大韓民国憲法↑前文悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は「★3?1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」と、不義に抗拒した4?19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に即して正義、人道と同胞愛を基礎に民族の団結を強固にし、全ての社会的弊習と不義を打破し、自律と調和を土台とした自由民主的基本秩序をより確固にし、政治?経済?社会?文化のすべての領域に於いて各人の機会を均等にし、能力を最高に発揮なされ???、大韓民国憲法は、その前文で、次のように宣言している。「悠久なる歴史と伝統に輝く我が大韓国民は、三?一運動によって建立された大韓民国臨時政府の法的伝統……を継承し……」「三?一運動」とは、韓国併合後の1919年に、日本の統治に反対して沸き起こった運動のことを指す。つまり、韓国の憲法それ自体が、日本による統治を否定して作られた「臨時政府」の正当性を認め、その「法的伝統」なるものを受け継いでいることを宣言しているのである。韓国大法院は、大韓民国憲法の「法的伝統」に従い、「植民地支配と直結した不法行為」と判決を下したのである。しかし、日韓併合は国際法上、違法ではない↓ウィキペディアWikipedia韓国併合再検討国際会議↓神戸大学大学院第3回韓国併合再検討国際会議「合法?違法」結論としては、韓国の併合は、国際法上「違法」とはならない。1910年の時点で、併合を違法とする国際法は存在していない。かつての韓国の併合とか植民地化について、国際法上、今は違法だから、過去も違法と勘違いしている人がいるようです。韓国の併合時に、それを違法とする国際法がなければ、かつての韓国の併合は今でも違法ではなくなり「合法」となります。行為時に法律上犯罪とされていなかった行為を、後で制定された法律によって処罰することを禁ずる法の大原則。 法律はそれを制定した時点より後に適用されるのが大原則。 後から法律を作って過去に遡って適用して裁くことは許されない。市民的及び政治的権利に関する国際規約自由権規約15条にも同様の定めがある。—————————–日本政府は併合の正当性について列国に打診している。アメリカとイギリスは、このまま韓国を放置することは地域に混乱与えると考え、韓国併合に賛成した。その他、清国、ロシア、イタリア、フランス、ドイツといった当時の主要国からの反対も全くなかった。各国の賛成を得て、また一進会も併合を望み、日本は韓国併合に乗り出した。国際法からの観点英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦1914年 – 1918年以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている。徴用工訴訟と韓国大法院判決に関して?日本の立場?A1.1965年「日韓請求権協定」の無償3億$支援で解決済A2.現在勝訴原告人は過去日本最高裁で同事案にて敗訴裁定済A3.協定事項に副って問題A1.A2を処理する◎日本政府はA2.により善良な国民〈法人〉が他国の不当扱いには、外交保護権を行使し守る責任を担う。又、国民〈法人〉は日本国内法〈日本にて勝訴判決〉を遵守する義務が生じます。?韓国大法院判決〈敗訴〉に従う事は出来ない。?韓国の立場?B1.文政権は「韓日請求権協定」に対し見解を表明して無いB2.文政権以前の政権は、徴用工は「韓日請求権協定」に含むとするB3.文政権は大法院判決〈原告勝訴〉を尊重すると表明B4.日本政府のA3.要請に無回答?二国間協定を放置状態????????????????????????????????6/19、韓国政府提案〈韓日企業の自主的供託金で私設財団創設し対処〉上記提案は6/17、韓国外務次官が来日し、外務省に非公式打診し拒絶された。6/19、日本の了解なく拒絶案そのまま韓国メディアに公表す。日本政府は文政権が徴用工問題を協議解決する意思が無いと判断した。注.韓国政府は韓国企業が自主的に供託金を拠出する理由を、企業と国民に説明し説得する責任が有ると考えますが、それも無い。「慰安婦合意」の”慰安婦癒し財団?解散と同じ道を.如何に無責任か!?????????????????????????????????回答?1965年、3億$で徴用工補償義務が韓国行政に移管しています。何時、誰に、幾ら、等全て韓国国内問題で、日本は内政干渉出来ません。本来なら韓国政府が救済措置法を立法化し、公的財団を設置し対応すべき事象です。大法院判決が裁定されたので、韓国政府が仲裁し原告に財団より救済金を給付し、日本企業には公団への寄付金を懇願をする。韓国政府が主体でないと纏まりません。大法院判決”主文?が問題なんですが略します。>長文でご免なさい<徴用工判決は、日韓協定自体を違憲または無効と判断しているように見えません↓これが無効とは思えませんか?文在寅は春川チュンチョンという小さな地裁の所長をいきなり大法院長最高裁長官に大抜擢している。この人は文大統領の友人で、左派の活動家だった。最高検総長には、お気に入りのソウル中央地検所長を最近三段跳びでいきなり大抜擢している。だからあなた方の言ってること大きな矛盾があるのです、上に書かれているような事実で、その裁判官が文在寅大統領に忖度した判決を出せばなんでもできますが。※主権免除原則国家の司法権で他国は拘束出来無い↑これは国際常識です、それを韓国は日本に押し付けているのです。仮に国際法より韓国の司法が優先するのであれば国際法の意味はなくなりますね。ウイン条約第27条当事国は条約の不履行を正当化するために正当化する根拠として国内法を適用してはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です