高桑税務会計事務所 法人における会計監査役について顧問税

高桑税務会計事務所 法人における会計監査役について顧問税。会社法には禁止する規定はありません。法人における会計監査役について、顧問税理士事務所(法人)の税理士を会計監査役として就任させる事は可能でしょうか 端的に言いますと顧問税理士事務所には複数の税理士が在籍していますが、その中の一名を会計監査役として就任していただいても可能か と言うことです もちろん非常勤監査役としてなので税理士事務所退所は考えていません 顧問税理士と監査役の兼任はできるの。この記事では。顧問税理士と監査役の兼任について解説していきます。具体的
には「確定申告書の作成」「法人税申告書の作成」「償却資産税申告書の作成」
「源泉所得税納付書の作成」「法定調書の作成」「源泉徴収票の会社法。熊本市中央区下通にある税理士法人?会計事務所?行政書士事務所です。これ
まで。中小企業における会計監査は主に監査役が担当していましたが。監査役に
は資格要件がないこともあり。名目的な監査役がその会社または。子会社の
取締役。監査役。会計監査人等は会計参与にはなれませんが。顧問税理士が会計
参与に就任することは可能です。ただし。損害賠償額については。会計参与が
善意知らない状態で重過失重大な不注意ミスがない場合。株主総会の
特別決議

顧問税理士に監査役や監事の兼任を頼める。前述の株式会社における監査役の業務とほぼ同じといえます。顧問税理士は。
法人と委任契約があり。法人から報酬を得ている以上。監査役や監事と兼任が
禁止されて会社法上の役員まず。会社法では役員について。取締役。会計参与
及び監査役と定義しています条。なんと。近くの税理士事務所を
ネットで検索すると。うちの売上であれば半額くらいになるというでは外資系企業における会計監査の要否について。多くの場合。顧問税理士に相談しつつ。過少資本税制。過大支払利子税制。移転
価格税制。均等割。外形標準課税。登録免許税。消費税の納税義務。留保金課税
。中小法人?中小企業者への該当性。等について検討して。増資?貸付の金額?
割合を決定すると思います。2 株式会社は。定款の定めによって。取締役会。
会計参与。監査役。監査役会。会計監査人。監査等委員会又は指名

分かりやすい「会計?監査用語解説集」:会計参与。会計参与は公認会計士。監査法人。税理士。税理士法人といった会計専門家のみ
が就任することができ。取締役と共同し会計参与は。対象となる会社の取締役
?執行役?監査役?会計監査人を兼ねることはできないが。顧問税理士を兼ねる高桑税務会計事務所。会計参与に就任できるのは。税理士または公認会計士だけですこれらの法人で
ある税理士法人?監査法人も含みます。会計監査には。公認会計士による
監査会計士監査と監査役による監査監査役監査とがあります。支援者
であり業務受託者ですが。これに対し会計参与は。会社内部における計算書類の
作成機関として位置付けられています。 選任?任期?辞任税理士?会計士と
の顧問契約はいつでも締結できますが。会計参与の選任には株主総会決議が必要
です。

会社法には禁止する規定はありません。しかし会計に関する事項に権限を限定した監査役は,計算書類の監査をしますが,その計算書類を実質的に作成しているのはその顧問税理士ではないのですか。とすれば同じ事務所で就業している税理士が実質的に作成した計算書類を同僚先輩後輩の税理士が監査するのは,ちょっとどうかなと。可能だけど、おいそれと役員になるような税理士が今日日いますかねぇ?凄く責任を問われる立場なので。ふつうに仕事してる方が気楽だ。まさか名前だけだからただで就任してもらえるとか思ってないよね?税理士法人が、そに所属している税理士を非常勤取締役として活用することを認めれば、可能です。税理士を活用する方法として、通常の顧問契約のほか、質問文にある監査役社外監査役と会計参与の2つがあります。監査役にせよ、会計参与としても、法人にそれなりに関与しますから、結構な費用がかかります。現在、依頼している税理士法人としても、内容が申告書の作成ではありませんから、判子賃として数万円でよいなんてことにはなりません。費用が負担できるのであれば、税理士法人に相談すると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です