1945年本土決戦のイフ なぜ太平洋戦争で本土決戦や徹底

1945年本土決戦のイフ なぜ太平洋戦争で本土決戦や徹底。本土決戦がものにならないことは、軍事の専門家なら当然わかっていました。なぜ太平洋戦争で本土決戦や徹底抗戦を主張していたあの強気な陸軍でさえもソ連参戦と原爆2発程度で降伏に傾いたのですか 広島の声。あのとき。日本の敗けは決まっていた。この死に体の日本にあって。帝国陸軍
はなお。「国体護持のため本土決戦で一億玉砕。最後の一兵まで戦う」と怒号。
天皇を苛烈な太平洋戦争の実相を風化させることなく。次代に語りついで行っ
て貰いたい。事ここに至ってなお徹底抗戦を主張する軍を抑え。昭和天皇が
降伏しを決断したのは原爆の惨禍への思いからで。終戦の詔勅からも明らかです
。1945年「本土決戦」のイフ。もし戦争があのまま終結せず「本土決戦」になっていた場合。日本軍は九十九里
浜や南九州で。圧倒的に優勢な連合国軍日本陸軍は。米軍が年月以後
に宮崎市。志布志湾。薩摩半島西岸に上陸すると。正確に予測していた。
マッカーサー陸軍元帥が地上部隊と戦術空軍を指揮し。必要な場合は米太平洋
艦隊ニミッツ司令長官も指揮することになった。年月まで通商破壊
と空襲を受けても。日本は降伏していなかったのに。なぜそういえるのか。

阿南惟幾。太平洋戦争大東亜戦争末期に降伏への賛否を巡り混乱する政府で本土決戦へ
の戦争継続を主張したが。昭和天皇の聖断阿南は乃木の話を父尚から聞くと。
小柄なので軍人の道は難しいと心配していたのに。乃木という強い援軍を得て。
あのような有能な人を予備役に追い込めば。徒に摩擦が起きるだけでは
ありませんか」と東條に反論し。他の将校が見ては昭和天皇の和平への強い
意志と。陸軍による徹底抗戦の突き上げのなかで難しいかじ取りを迫られること
となった。確認の際によく指摘される項目。いまだにあのアジア?太平洋戦争を「聖戦」と称している論客もいるが。本書を
熟読して。いい加減な暴論?珍論は赤提灯の下でアジア太平洋戦争でなぜ日本
軍が負けたのかが軍医科学的にようく分析されている。本書は。アジア太平洋
戦争の現場で「日本軍兵士」がどんな扱いをされ。どんな死に方をしたのか
について非常に詳しく。この本ではアジア?太平洋戦争を四つの時期に分けて
。その中でも最も被害が多かった年から終戦に至る時期を「絶望的抗戦期」
とし。

本土決戦がものにならないことは、軍事の専門家なら当然わかっていました。残る道は、折を見て降伏するか、沖縄や硫黄島のように全滅覚悟で最後まで戦うかです。沖縄や硫黄島なら、本土を守るための防波堤になるという目的がありましたが、本土決戦での全滅はそのまま亡国と言う結果しか残りません。つまり全滅して戦って得るものは無い、ただの自殺と言うことになるわけです。まして戦争を政治としてとらえなければならない立場にある統帥や統治のトップは、陸軍軍人であっても、戦争は終わらせることができるものと言う理解で臨んでいたのです。もはや完璧に負けている戦争を終わらせるチャンスがあの時にあり、最後まで反対を口にすることでメンツも立った。で、常識に沿って敗戦を認めたということですし、多くの陸大出の高級士官たちも、その常識を共有していたということです。あの時点で本土決戦を本気で考えていたのは、情報から遠いところにいた隊付き将校たちや、神掛かった一部の軍人たちだけだったということです。もはやだれも攘夷など不可能とわかっていた幕末の最末期に、なおも攘夷を叫んでいた狂信的な志士たちがいますが、まあそれと同じような連中と言うことです。というか タンカーを撃沈されて 石油もなかった屑鉄禁輸で鉄鋼も不足ソ連参戦=日本が分割される可能性が増えた米ソに分割されるよりは米国の温情に賭けたほうがマシという計算が働いた当時の支配階層は 共産主義嫌いである結果論でいえば博打は大当たりで 米国は物凄く寛大で米国は日本を滅亡?併合しなかったうえに 米国は日本分割もせず米国は重賠償も要求しなかったしかし、博打が外れて 米英が本当に鬼畜対応したら日本は滅亡 国民は奴隷にされていたので「もっと早く降伏すべきだった」というのは 結果論8月14日の日の出の後間もなく、米国磯はパンフレットを東京に投下しました。このパンフレットには今までの経過が印刷されていて、日本国民は、政府が隠していたことを知ったのです。この日ことを木戸は、次のように述べています。「私の補佐官がバーンズの出したパンフレットの一枚を拾ったと言って私のところに持って来た時、私は起こされたばかりで、朝食を済ましていなかった。このパンフレットは東京一帯にばらまかれ、その一部は宮城の中の庭にも落ちた。情勢は重大であった。軍人は降伏計画について何も知らなかった。彼等がそのパンフレットを見たら何が起こるか分らないと思った。この状況に驚いた私は宮城に急行し、天皇に拝謁を仰せつかった。8時30分頃であった。私は天皇に首相を謁見せられるよう奏請した……」天皇は早速事態の急を知り、鈴木に伺候するよう命じた。首相は木戸が天皇に拝謁している間に、宮城に到着していた。木戸は鈴木に状況を説明し、最高戦争指導会議を開く準備があるかどうか尋ねた。木戸は、「……首相は垂高戦争指導会議を開くことは不可能である。それは陸海軍の両方が降伏について考慮する時間をもっとくれと要求しているからであると答えた。ここで、私は首相に緊急処置を講じなければならないと言った。私は戦争を終結に導くため、閣僚と最高戦争指導会議の合同会議を開くことを提案した。その後、首相と私は天皇のところに行き、そのような会議を命令されるよう奏請した。首相と内大臣が一緒に天皇に拝謁を賜ったのは始めてであった。このようなことはこれまでになかった」と述べている。そして天皇は全閣僚、枢府議長および最高戦争指導会議の全員に午前10時半に参内するように命じた。それに先立ち10時20分天皇は杉山元?畑俊六?永野修身の三元帥を召致し、天皇は「??更にこのまま戦争を続くるに於ては形成益々悪化し遂に国家を救済することを得ざるべし。皇室の安泰は敵側に於て確約しあり。天皇を武装解除の為に利用するといふ敵の言論は放送なれば信ずべからず、皇室安泰は大丈夫なり心配なきことと思ふ」と述べ、回答受諾について「元帥も協力せよ」と命令した。天皇自身が召集する御前会議は午前11時50分頃から宮中の防空壕で開催され降伏が決定されます。それは間違いです。8月10日の御前会議で、陸軍を代表して出席した陸軍大臣と参謀本部総長は、2人ともポツダム宣言受諾に反対しました。海軍軍令部総長も反対でした。賛成したのは海軍大臣、外務大臣外交官出身、枢密院議長官僚出身で、賛否同数で決しないため総理大臣が天皇の決断に決定を委ねたのです。聖断ということで、陸海軍とも敗戦を受け入れました。普通はメンバーではない平沼枢密院議長をメンバーに加えたのは、鈴木首相の深謀だと言われています。陸軍さんは「鬼より怖い関東軍」などと言っていながらソ連が参戦すると民間人放って一目散に逃げだしました。言うだけで中身がなくなっていたのだと思います。特に戦争後半の陸軍は苦戦が続いていた南方への派兵人事を「反動をまわす」と言って本土や中国大陸でヘタをうった兵士や上官に嫌われた兵士をまわす傾向があり、中国大陸には狡猾なヤツばかり残っていたのではないかと思います。私の叔父さんも大陸で憲兵やっていましたが優しい人だったので南方に派兵され苦労したそうです。沖縄での実質地上戦のじょうきょうからも、絶望的な被害は明白。大日本帝国人が普通の脳ミソを保有している人類出会ったなら、見栄で無駄な「日本人殺し」などしないで、1943年を過ぎた辺りで敗戦を理解し、落としどころとして「ポツダム宣言の受諾」という賢明な判断をしていたでしょう。イヤそれ以前に、大日本帝国がまともであったならあんな戦争などしていないわ!wその罪万死に値する。国民全てにだ!ソ連参戦と原爆によって戦意喪失したのもありますがポツダム宣言の条件が思ったよりいい条件だったからです天皇の地位は保証する、日本人の手で新しい政府を作ればよい日本人を奴隷にはしないなどなど陸軍の主張としてはザックリ言うと、負けて奴隷になり行き恥を晒すぐらいなら全滅するまで戦うって事でしたでも、奴隷にはしないし主権も認められたので降伏ではなく、停戦という形で応じたのかなと日本が降伏をアメリカに打診してから、それをわざと受理せずに、原子爆弾の実験的に使用したとの記録もありますよ?エンリコ?フェルミの実験のために、少なくとも14万人が殺されてるんですから。もしも、無条件降伏をしなかったら三発目の原爆を投下されて、累計20~30万人の一般市民が死ぬことになるのですから、降伏に傾かざを得ないでしょ?ソ連参戦と原爆2発程度で降伏に傾いたのですか?イエス。ソ連参戦より、原爆2発の比重が大きいかと。★原爆投下で、陸軍を抑え込む目算がたった7月26日ポツダム宣言が発表されたが、陸軍は本土決戦を主張するものが多数であり、これを抑え込める自信がなく、鈴木総理はこれを「黙殺する」と答え、アメリカには「ポツダム宣言拒絶」と報道され、原爆投下につながった。そして8月6日、広島に原爆投下された。「言葉は不適当と思うが、原子爆弾の投下とソ連の参戦は、ある意味では天佑であると思う。国内情勢によって戦争をやめるということを、出さなくてすむからである」米内海相 8月12日の発言『検証 戦争責任Ⅱ 読売新聞戦争責任検証委員会』「原子爆弾だけに責任をおっかぶせればいいのだ。これはうまい口実だった。」迫水久常 当時の書記官長『大日本帝国最後の四か月』★降伏を決定したのは天皇であり、天皇は原爆投下で、戦争終結を命じた。8日に東郷外相が天皇に原子爆弾に関する情報を報告した際、天皇は「この種の武器が使用させるる以上、戦争継続は愈々不可能になれるにより、有利なる条件を得んがため戦争終結の時期を逸するは不可なり。条件を相談するも纏まらざるに非るか。なるべくすみやかに戦争終結をみるよすに努力せよ」「終戦史録」外務省8月9日に広島に引き続き、トルーマンの予告通り長崎に再び原爆が投下され、緊急で戦争指導者会議を開催。深夜に御前会議が行われポツダム宣言受諾が天皇の聖断により決定。補足もともと、天皇は「一撃、降伏論者」だった。「敗戦は遺憾ながら最早必至なりと存候」で始まる近衛上奏文に対して、天皇は、「参謀総長などの意見として、たとえ和を乞うとしても、もう一度戦果をあげてからでないと、なかなか話はむつかしいというが近衛はどう考えているか。」「侍従長の回想」藤田尚徳と、問いただしており、「沖縄で敗れた後は、海上戦の見込みは立たぬ、唯一縷の望みは、ビルマ作戦と呼応して、雲南を叩けば、英米に対して相当の打撃を与え得るのではないかと思って梅津に話したが、彼は補給が続かぬといって反対した。」昭和天皇独白録とか、「雲南作戦も望なしということになったので、私は講和を申し込むより外に道はないと肚を決めた」昭和天皇独白録???などと、一撃論の立場に立っていたが、原爆投下で、もはや降伏しかないとの立場に立ったのだ。クーデター失敗して、その手の輩は、排除されたから。米からの電報で原爆完成を知らされていたが、嘘だと思っていたのではないか。本当だと落とされて認識して、降伏の電報を米に送信したのは間違いないです。両政府間の首脳部は緊密に交渉することはしていたと考えられます。米政府には通信記録はあるが公開はされていないようです。「なぜ」??????私に言わせれば、「降伏するのが遅すぎだろう?」って思いますけどね。まず、日本の指導層に「終戦」を、決意させた原因として、「ソ連参戦」は、比較的低いと思います。何故なら、日本の軍部は、ソ連が満州国、日本に、宣戦布告する事は、前もって知っていましたからね。ヨーロッパの駐在武官の電報で、知っていました。そのソ連を「仲介者」に、和平交渉を、していたのですから、陸軍が、如何に「間抜け」か分かりますよね。「間抜け」と言うより、「狂っていた」と言うべきでしょうか。日本の貧弱な装備で、広大な中国大陸を、支配できると思うなど、狂っていなければ、できないと思います。そして、「原爆」ですが、私は、降伏を、決意させた原因の大きな部分は、これだと思います。たった一機のB29が落としたたった一発の爆弾で、大都市が一つ壊滅して10万人を越える死者負傷者、行方不明者が出た。そして、一発目が落とされて、わずか三日後に、二発目が、長崎に落とされた。ポツダム宣言受諾が遅れれば、三発目、四発目が落とされるかも知れない。さすがに、狂った陸軍の将軍どもも、「本土決戦」など戯言を言ってる場合ではない事に気付いたのでしょうね。そして、何よりも、「降伏」を、誰よりも強く主張されたのが、昭和天皇陛下であらせられました。陸軍が、降伏、和平交渉に踏み切れない「表向き」の理由は、「国体の護持」でした。つまり、「天皇陛下のお立場が、どうなるか?」と言うことです。天皇陛下は、「自分の立場を忖度して、降伏が遅れ、その為に民間人の犠牲が増える事」に耐えられないお気持ちだったと思います。また、陸軍の主張する「本土決戦」ですが、これも馬鹿げた作戦ですね。上陸して来る連合軍を撃退できたとしても、制海権、制空権は、連合軍に握られていて、海外からの補給も無い訳ですから、結局は、負けるだけの事です。陸軍としては、自分たちの都合で始めた戦争ですので、負けた時の責任は陸軍が取るべき、と思っていたのでしょうね。責任を回避する唯一の方法は、「一億総特攻」で、全滅してしまえば、責任取らずに済むと思っていたのでしょうか。狂っていたとしか思えないです。>なぜ太平洋戦争で本土決戦や徹底抗戦を主張していたあの強気な陸軍でさえもソ連参戦と原爆2発程度で降伏に傾いたのですか? 米国は飛行機から宣伝ビラを撒き始めます。日本ポツダム宣言受諾の申し入れをなしつゝあることを、日本一般に知らせるビラです。 このビラが軍隊の一般の手に入るとクーデターの起るのは必然である。このビラの一部が皇居に落ちて、天皇がご覧になりました。そこで天皇は何を置いても、廟議の決定を少しでも早くしなければならぬと決心し、 十四日午前八時半頃、鈴木総理を呼んで、早急に合議を開くべき命じた。天皇は、国民が真実を知ることにより民心の悪化を恐れ、アメリカではなく国民に対して国体の危機を感じとったからです。陸軍の軍人もほとんどがもう負けだとはわかっていました。面子を取り繕いながら「もうダメです」と言い出せる口実がソ連の参戦だったのです。軍隊も役所ですから、一度決めた方針を変えるということは自らできないのです。鈴木総理、米内海相は最初から、聖戦完遂などは口だけでホンネを隠蔽し、国論を降伏受諾にまとめるために努力していました。もとから派閥がいくつもある陸軍のなかにも同調者がおり ↓の「本土決戦で意志統一していた」というのは間違いです。陛下の処遇について外務省が情報を得ており、広島の被害の直後には、ポツダム宣言の受諾で一致していましたが、一部の強硬論者と 突然の降伏でまどう国民をどう説得するかで 閣内が一致せず陛下による玉音放送、という手段になっただけです。阿南陸相は、陛下のご聖断を聞いて、もう逆らえないと諦めたのです。終戦の報を聞いた第一師団の青年将校の反乱は師団長を殺すなど横暴でしたがコップの中のあらしにすぎず、阿南陸相は、その分もわびて割腹自殺したのです。別に、陸軍全体の意思はそんなに変わっていません。参謀本部以下、多くの高級将校は、本土決戦で意思統一したまま、終戦を迎えており、ソ連参戦や原爆では、態度を変えていません。首脳部が意思を変えたのは、天皇陛下が御前会議で、終戦の意志を表明し、これを受けて阿南陸相が割腹自殺して、一身で責任を負う姿勢を示したからです。これで、陸軍の大多数は終戦に同意しますが、それでも、一部の若手将校はクーデターを起こして、終戦を阻止しようと試みました。ソ連参戦と原爆二発を程度なんて言ってる時点で理解できないんじゃね?そんだけのインパクトと危機感があったってことよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です