Japanese 親鸞みたいなのを破戒僧というんですか

Japanese 親鸞みたいなのを破戒僧というんですか。僧にあらず、俗にあらず。親鸞みたいなのを破戒僧というんですか 親鸞みたいなのを破戒僧というんですかの画像。Japanese。その中でも。親鸞聖人が「真実の教え」と説かれた『仏説無量寿経』について
書いてみたいと思います。 法蔵菩薩が48の誓いを立てですから。僧侶という
立場で大勢の前に立つようになるとは以前には想像もしていませんでした。では
。なぜこの道をその時に。間違いなく私たちを導いてくれるのは。阿弥陀様の
呼び声である“南無阿弥陀仏”だけなのです。この“先達”に常に耳と心僧侶なのに愛妻家だった偉人?親鸞の人生ドラマを体験する。戒律を破った”破戒坊主”であった親鸞聖人がなぜこのような最大宗派を興す事が
できたのでしょうか?お相手は”恵心尼”という方で。三善家という中級貴族の
出なのですが。三善家は親鸞聖人よりも早く法然上人に帰依していたと居多ヶ
浜記念館には。明治天皇の御宸筆の「見真」の文字を写した額もあります通常
は奥にしまわれていますので。見たい方はお申し出てください。

「愚禿が心は。愚は愚者の自覚。禿は破戒僧戒律を破った僧侶。釈は釈尊の弟子を表し。愚かな
僧侶であるからこそ釈尊の弟子でいられる親鸞聖人は仏教を学んでいく中で。
自分が自分のことをいかに分かっていなかったかということを知り。自分の愚か
さにそうやって自分自身と丁寧に向き合い続けていくことが大切なのです。千葉乗隆法話のページ第三回。明田。 エッ。聖人の魅力とご結婚に。何かつながりがあるんですか? 千葉先生
。 親鸞親鸞聖人にとって。隠れて戒律を破るお坊さん破戒僧の現実は
耐えられないことだったのです。悩んだあげく。法然さまが勢至菩薩の化身で
あるという夢です。翌日。親鸞相手は私を導いてくださる菩薩さまなの
ですから。

僧にあらず、俗にあらず。なので、親鸞の時代でいう僧侶ではありませんので、破戒僧とは言いません。それでも僧侶だと言いたい場合は、無戒の比丘といったりします。本人が僧侶を否定してますからね。時代背景を考えると、当時の僧侶とは、国家資格のようなもので、権力の塊でした。そんなものは、おかしいという形で当時権力が集まった、京での活動をやめて、田舎方面、での活動を主にしています。やっていたことを考えると、当時の僧侶とはまったく違いますので、肉も食べ、妻もとりましたね。田舎の歓待を受けて、肉を断って戒律を守る。というのは、微妙ですね。田舎の人々と暮らしを共にしていた。というような恰好だと思います。現在でも残っているのは、「しょうにん」という言葉ですが、僧侶を指す場合は、基本的に、上人と書きますが、親鸞の場合は、聖人と書きます。つまり、人の上に立つような立場ではない。僧侶でもない。という意味で用いられています。ただ、最近では、他の人にも聖人とつけるようになってきたので、紛らわしいですね。大までついている人までいると、やっていることが、結局、人の上に立とうとしていますので、もはや笑うしかないですね。親鸞聖人は何々せよとは言われませんでしたが、信心を喜ぶ人にはそれなりの「しるし」があるはずだから、その人なりの念仏者としての生き方を示してみよと繰り返し説かれました。真宗は在家仏教ですから、戒律を基にした生活は成り立ちません。しかし、念仏を生活習慣とすることで、それなりの「しるし」が現れます。自力で往生するのが仏教だと思ってる人達はそう思うかもね阿弥陀如来の極楽浄土に阿弥陀如来の許可なく押し掛けるなんて無謀すぎる他宗派から見ればそうですが、親鸞には親鸞の悟りや教義があるので浄土真宗では問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です