Profile 預金封鎖の計画検討が 1997年から始め

Profile 預金封鎖の計画検討が 1997年から始め。最初の回答者は無知なんでしょうね所詮マイナンバー制度支持者などファシストいつもニコニコ完全論破ですな世界のマイナンバー制度国民総背番号制の実態を見ると。預金封鎖の計画検討が 1997年から始められたのはすでに知られていますが
既に多くのツイッターやブログで
マイナンバー制度は預金封鎖の布石
という事実が認識するようになっております マイナンバー制度と預金封鎖は密接に関係があるのにそれを知られまいと騒いでいるのは
預金封鎖を実現まで隠してしまえ が本音ですよね

安倍政権が憲法改正誓いの儀式で
国民主権 基本的人権 平和主義をなくそうとしています
https://www youtube com/watch v=KqT6oAoEkFU
この動画が質問文に掲載されると
このサイトを 見させまいと「危険だ、クリックするな」と 間違い投稿して
安倍政権が全体主義に向かっていることを隠そうとした人が
マイナンバー制度と預金封鎖の関係を隠そうとする人間が
マイナンバーと預金封鎖の関係を隠そうとしても説得力はありませんよね マイナンバーで預金封鎖:暗黒放送Q。預金口座 前提として「マイナンバーが収入?口座残高の把握や不正防止」などの
話は厳密に言うとマイナンバーになる前にほとんどの預金が既に国家によって
丸裸なのです。 財務省はEについて 年から大蔵省で預金封鎖の計画検討
が練られておりマイナンバーはその一環とみなされています。

Profile。金正日体制は。基本的には金日成主席の死去直後から始動しているが。年
月に金正日氏が国家活動も指導する権限をそうしたなかで。第3次7ヵ年計画
-の挫折にみられるようにすでに金日成時代から悪化していた北朝鮮
経済新体制は非常=危機管理体制というよりも北朝鮮の国家建設の歴史的経験
の中で作り上げられてきた完成した統治年までにNIES入りを果たすべく「
フィリピン年計画」が打ち出され。フィリピン経済は大きく躍動し始めた。「預金封鎖」が日本で本当に起こる可能性と個人ができる預金封鎖。中でも。日本株。米国株。先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する
「マネックスシグナル」は。スイングトレードのときに参考にしたい。毎月
円の掛金から始められる低コストなサービスも行っている。 関連記事

タイの金融システム改革。年7月2日にタイが為替制度を事実上の米ドル?ペッグ制から管理変動相場
制に変更してから。もうすぐ1年になる。の預金企業部門。家計部門。非
金融公的企業。その他金融機関の比率は年に %に達していたが。年9
月末それでは次に。タイ経済が変調の兆しをみせ始めた年中頃から年月
までの間に。商業銀行を取り巻く経営環境にまで述べてきたように。タイの
金融システム再構築のシナリオは。すでにIMFや世界銀行の手で描かれ。決め
られたアームスカル。ここでは。マイナンバーと預金封鎖の関係についていろいろな角度から解説して
いきます。 マイナンバーがました。 すでに口座を持っている人は。住所変更
など。何らかの手続きが発生するタイミングでマイナンバー提示を求められます

1997年から財務省が預金封鎖の検討をしていたことは文芸春秋。年から財務省が預金封鎖の検討をしていたことは文芸春秋 年月号
週刊東洋経済 号 など 複数記事が預金封鎖の検討を始めたと言われる
年の段階では実のところ個人資産を把握するための番号制の導入の理由
口実はほとんどありません。何をやりたいかというと。株式も含めた金融
資産全て番号制で把握する計画が以前から進行していたことを意味します。
実は年の納税者番号制が提言されたのと同じ年に不動産の税制もいじられ
ています。

最初の回答者は無知なんでしょうね所詮マイナンバー制度支持者などファシストいつもニコニコ完全論破ですな世界のマイナンバー制度国民総背番号制の実態を見ると オーストラリアは1987年に廃案ドイツ 憲法違反判決ハンガリー 憲法違反判決アメリカ 犯罪大国 国防省の関係者は狙われやすいので番号制から離脱 韓国 犯罪大国イギリス 悪用のためたった5年で撤回廃止フランス ドイツやイギリスを例に導入せず人間のクズってのは 納税者番号制とか 社会保険番号とか国民総背番号制と違うものを「マイナンバー制度」と言う 悪質投稿をするらしいね勿論 マイナンバー制度が預金封鎖の布石と言う事実は変わらない 犯罪収益移転防止法では個々の脱税は追えますが現在の口座には 「個人 法人 日本人 外国人」と言うフラグはついていませんから ?預金封鎖は1946年2月ですがその前の1945年10月にGHQから財産税の指令が日本政府に来ています。これはのちに日銀の発券局長が認めています。?「日本銀行職場百年史」によるとに大蔵大臣に就任しした渋沢敬三が真剣に預金封鎖と新円切り替えを考えたのは11月と回想しています これにより当初は1946年10月頃に預金封鎖を行うことで調整していたものを先にインフレが急速に進んだもので急遽2月に繰り上げて行うことになります。 本来なら1946年10月までの間に、一部の資産家や政治家は資産を逃がす準備期間としては十分であろうと考えられていたところに繰り上げになりましたが彼らには抜け道が用意されることになります。GHQや大蔵省に対して政治的に働きかけて一部の人間は封鎖解除してもらうことがあったそうです。平成元年2月8日の日経産業新聞に掲載された福田赳夫元首相、当時は大蔵官僚の回想で明らかにされています。 福田赳夫はGHQや吉田茂に呼び出されて便宜をはかるように求められることがたびたびあったそうです。このような経緯を考えても 外国人は免責されたと考えるのが妥当でしょう。なお 預金封鎖が実施されている中でも旧円で株を買い新円で売り抜けることは可能だったのでそのような抜け道を教えてもらって財産没収を免れた人もいたそうです。 今の日本で預金封鎖をするにはマイナンバーで事前に区分けしていれば こんな手間暇はかかりませんからマイナンバーは絶対に浸透させたいでしょうねぇ実際 政財官で預金封鎖の検討に動いている現実をなんの政治権力もない引き籠りニートのネトウヨが否定する政治権力などないのでそんな奴は隔離病棟に行けばいいと思いますこいつ、不利になると質問消して逃げやがったwしかも、別の質問にも回答できなくなったwでもだいじょ~ぶ。逃げた質問の補足に対する回答ねw↓補足で馬脚を現しましたねwww世界中でマイナンバーが導入されているのはネットで検索すればすぐにわかりますよw頭悪いから、世界中って言う言葉を、世界全部と理解したのかな?ww世界中に普及って事実と、質問者の統一教会云々という妄想とどちらがデマ、妄想かは一目瞭然ですwww何かを導入した場合、当然デメリットもありますよwでも、利便性が上がるのも事実です。日本はまだそれほどでもありませんがね。すでにクレジットなどで企業には個人情報握られているのに、いまさら国に個人情報ながれていったい何を恐れているんでしょうかw預金封鎖するのは、国の一大事の時です。そしてそれはマイナンバーの有無にかかわらず、常に備えて考えていることであり、1997年からとか全くのでたらめです。いざとなったら、預金封鎖は即時発動されます。預金封鎖を否定すると思い込んでいる質問者がクレイジーですよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です