suzuki 政治は有権者が高齢だから高齢者よりの政策を

suzuki 政治は有権者が高齢だから高齢者よりの政策を。そんな事は無いですね。政治は有権者が高齢だから高齢者よりの政策を優先する候補になりやすいといいますが、高齢者はやはり高齢者よりの政策を重視してしまうのですか

高齢者にも子や孫がいると思いますが、子や 孫のことは考えない傾向が強いのでしょうか

子育て世代の私からすると私達に寄り添った政策も気にしますが、高齢者への考えも無視出来ない、介護もあるし、、なので本当にそうなのか気になりました 若者の政治への関心高めるには。「18歳選挙権」の導入とともに。これまで何度か主権者教育について考えてき
ました。10月に行われた衆院選で18。19歳の投票率は昨年の参院選と比べ
ても低調でした。若い人たちの政治への関心を高めるには何…

シルバー民主主義と若者世代~超高齢社会における1人1票の限界。シルバー民主主義とは一般に「高齢者優遇の政治により必要な改革が阻止される
現象」と定義されることが多い。昨年話題になった。経済産業省?次官若手
プロジェクト?不安な個人。立ちすくむ国家?においても。「シルバー若者の政治参加を考える。目次 はじめに ―明推協発行の新有権者用啓発冊子から― シルバー
デモクラシー ―投票に行かない若者への警鐘?― – 大阪都構想に反対する
シルバーデモクラシー – 若者に“政治不参加税”を課すシルバーデモクラシー
では,70代も半数は「高齢者が優遇されすぎ」と回答。日経ビジネス月日号の特集「さらば老害ニッポン」では。代から歳以上を
対象に「世代間の公平性に関する意識調査」を実施した。若い世代ほど。高齢者
の待遇に不満を抱えていることが鮮明に数字に表れた。 調査概要

suzuki。投票に代表される若者の政治参画が欠如することで起こる問題として。まず「
シルバーデモクラシーシルバー民主主義」が挙げられる。シルバー
デモクラシーは本来。高齢化社会において「シニア市民」がデモクラシーの中心
となり活躍する牙を見せ始めた「高齢世代優遇政治」の暴走。日本では高齢世代の数が相対的に増え。政治勢力として多数派を占める。彼らを
優遇する政策が重視される「シルバー民主主義」が台頭している。

そんな事は無いですね。高齢者よりの政策も大事ですが今は若い人達や子育て支援などの政策が多いですね。そもそも山本太郎や共産党の主張する消費税撤廃など国債発行を財源としていますからね、究極の高齢者よりの政策です。今は消費税撤廃して未来にそのツケを回そうとしているのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です